利尻昆布の白髪染めの成分はどうなのかを体験しました

利尻昆布の白髪染め利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントの特徴は

 

 

昆布エキスを配合した大人気の白髪染め

 

メーカー独自の特殊水が頭皮と髪を補修する

 

色の入りがよく乾いた髪、濡れた髪の両方に使える


 

利尻昆布の白髪染め利尻ヘアカラートリートメントを体験しました

 

利尻昆布の白髪染めはヘアマニキュアタイプの白髪染めです。
なにせ、利尻昆布エキス配合で、傷んだ髪を補修しながら
白髪を染めてくれると大人気の白髪染めです。

 

 

それでは、早速染めていきます。
管理人は、乾いた髪に塗布していきます。

 

液剤は、塗布しやすく髪に絡みやすい硬さです。

 

素手で染めると手のひらにこのくらい色が残ります

 

シャンプーしたあと、ほとんど色がなくなりました

 

ですが、爪の中に、少し色が残りました

 

爪の汚れが仕事に響く方はビニール手袋を使用したほうがいいですよ。

 

 

塗布専用の串を使って白髪の目立つ生え際から塗布していきます

 

 

この状態で、室内や浴室が24度以下の場合、ビニールキャップ、
保温キャップをかぶり15分ほど放置します。
もし、放置中に家事をする場合、さらにタオルキャップをかぶると
より、色のはいりが良くなりますよ。

 

 

染める前の髪です

 

ライトブラウン1回目の髪です

 

ライトブラウン6回目の髪です

 

今度はダークブラウンで3回染めた髪です

 

 

 

もっと詳しい利尻ヘアカラートリートメントの体験ページへ

利尻昆布の白髪染め体験で感じた使用感や工夫したこと

利尻昆布の白髪染めを使用してみて気がついたことや工夫したことをまとめました。

 

60分間放置しても髪と頭皮に異常はありませんでした

管理人は、乾いた髪に塗布する方が色の入りがいいので、

洗面所で、液剤を塗布して、ビニールキャップと保温キャップをかぶり
20前後放置することが多かったんです。

 

 

利尻ヘアカラートリートメントは、乾いた髪に直接塗布した場合
液ダレしませんでした。
どこのメーカーの白髪染めでも、室温が24度以下だと染まり具合が
悪いこと、放置時間はやや長めに取ったほうが、色の入りがいい
ことから、長めにキャップをかぶっていることが多かったです。

 

 

そのため、洗面所で液剤を塗布したあとは、キャップをかぶったまま
お茶碗を洗っていたり、テレビを見ていたりしていました。
そうすると、いつの間にか時間が経ってしまう、ということも
ありました。

 

 

ついうっかり、60分間も放置してしまったということがあったんです。
さすがに60分間も放置しておくのは、ちょっと長すぎですよね。
髪と頭皮は大丈夫かな、と不安になりました。

 

 

ところが、髪と頭皮に全く異常がありませんでした。
そんなことから、利尻昆布の白髪染めは安全なんだな、と思いました。

 

 

逆に、さすがに5分間の放置時間では、色の入りは、良くなかったです。
ビニールキャップと保温キャップをかぶって、湯船につかりながら、
お湯で絞ったホットタオルをのせて、温めると、放置時間が10分でも
色が入りました。

 

 

とにかく色の入りはためいてみた中で一番です

利尻昆布の白髪染めは、管理人が試してみたトリートメントタイプの

白髪染めの中では、色の入りが一番良かったです。
色々な、トリートメントタイプの白髪染めは、1回では、しっかり
染まりません。

 

 

回染めていくうちに段々色が入っていきます。
管理人の頭はひとつしかないので、白髪染めをした季節も違いましたし
髪の状態も、一定の白髪の状態ではありませんでした。

 

 

そんなことを差し引いても、利尻昆布の白髪染めの色の入り方が
一番良かったです。
わずかの差で、ルプルプの色の入りが良かったです。

 

 

髪質によって、赤みがかった染まり具合になります

利尻昆布の白髪染めは、ライトブラウンとダークブラウンの2色を

試してみました。
写真で見ていただいたように、ライトブラウンの染まり具合は、
ちょっと赤みがかっている部分がありました。

 

 

これは、管理人の髪質の影響があることが、調べてみて分かりました。
管理人の髪質は、柔らかくてコシがない、いわゆる「猫っ毛」なんです。
そして、髪の色は、真っ黒ではなく、焦げ茶色なんですね。

 

 

猫っ毛で焦げ茶色の髪質は、赤の色が出やすい、ということが
調べてみて分かりました。
髪が太くて黒い髪質の方は、赤色が出にくいんですよ。

 

 

昆布の匂いはしませんでした

利尻昆布が配合されえいる白髪染めなので、どんな匂いがするのかな?

と思って液剤を手に出して見ました。

 

 

キャップを開けても、匂いはしませんでした。
手に液剤を出して、匂いを嗅いでみました。
すると、ほんの少し、なんだかわからない匂いがするのかな?
という程度の匂いでした。

 

 

昆布の匂いどころか、ほとんど無臭に近い液剤なんですね。
これは、無香料、と説明していたのが本当だなあと思いました。
これならば、匂いに敏感な方でも使えますよ。

 

すすぎで手を抜くとタオルが茶色になります

トリートメントタイプの白髪染めは、利尻昆布の白髪染めに限らず

すすぎをていねいにしないと、タオルや枕カバーが茶色になります。
それは、すすいだあと、シャンプーをしてもなんですよ。

 

 

すすぎを始めると、最初は茶色ですが、次第に色が薄くなります。
そして、色水が透明になったら、すすぎが完了したと思いますよね。

 

これが、甘い!

 

 

色水が白くなってからも、すぐにすすぎをやめずに、さらに30秒くらい
すすぎます。
それからシャンプーをして、すすぎをしっかりします。
シャンプーのすすぎは、管理人のようなショートヘアーでも、
最低1分間はすすぎます。

 

 

そうしないと、シャンプーの成分が髪と頭皮に残ってしまうんですよ。
余談かもしれませんが、リンスやコンディショナーをつけたあと、
あまりすすぎをしない方、いませんか?

 

 

リンスやコンディショナーは、髪に対してはいいのですが、
頭皮には、良くないんですよ。
シャンプーも合成界面活性剤などの成分が、髪と頭皮に残ると
頭皮のトラブルの原因になりますよ。

 

 

仕上げで髪はサラフワにはもう一歩

利尻昆布の白髪染めを使ったあと、お風呂から上がって、髪の水分を

拭き取り、ドライヤーをかけました。

 

 

この仕上がりで、一番髪がサラフワになったのは、ルプルプでした。
利子昆布の白髪染めは、サラサラという仕上がりというよりは、
ハリが出た感じでした。
髪がぺたっとなってしまうよりはいいですね。

 

 

また、色々な白髪染めとシャンプーを試してみて気がついたことが
あります。
硫酸系の洗浄力の強いシャンプーを使うと、色落ちも早いし、
髪がごアつきます。

 

 

それで、洗浄力が弱いけれど、必要な油分まで取り除かない
アミノ酸系のシャンプーを使うと、色落ちも少ないですし、
適度なハリとつやが出ました。

 

 

使うシャンプーもなんでもいいのではないですよ。

 

 

最初に連続して染めたあとは7〜10日おきだから経済的

利尻こんぶの白髪染めに限らず、トリートメントタイプの白髪染めは

1回では染まりません。
数回連続して染める必要があります。

 

 

利尻昆布の白髪染めは、3回染めると、ほぼ白髪が目立たなくなり、
5〜6回で、しっかり染まります。
そのあとは、7〜10日おきに染めればいいですね。

 

 

ずーっと、毎日白髪染めをする必要はないですよ。
管理人の場合は、ショートヘアにちょっと長さがある程度の髪なので
1回に使用する液剤の量が23〜24グラムでした。

 

 

公式ページでは、管理人程度の髪だと14g程度が適量となっていますが
これではちょっと足りないですね。
液剤をケチると、染まり具合が悪いですよ。

 

 

初回限定で、200gの内容量が1本2,160円で買えます。
1本だけだと送料が540円かかりますので、合計2,700になります。
1回に23g使うとしたら、1本で8.6回染められます。

 

 

そうすると1回あたりのコストが約314円になります。
最初の数回は毎日使いますが、その後7日おきに白髪染めをしたら
1本で約2ヶ月使うことができます。

 

 

この価格で、普段の白髪染めができるので、とても経済的ですね。

 

 

もっと詳しい利尻ヘアカラートリートメントの体験ページへ

利尻昆布(利尻ヘアカラートリートメント)の染料成分について

利尻昆布の白髪染め利尻ヘアカラートリートメントの染料は、
天然由来の植物色素が豊富に配合されているんですよ。
利尻昆布の染色成分は、シコン、ウコン、アナトー、クチナシの
4種類です。

 

 

この4種類の成分は、どれも髪に優しく頭皮にダメージを与えない
成分なんですよ。
チナシは、くちなしの花を乾燥させて抽出した成分で、古くから
青色の染料として使われています。
ナトーはベニノキの種子から抽出される紅色の色素です。

 

 

ウコンは黄色の色素として使われていますし、シコンは染料として
だけではなく髪にツヤやコシを与える効果が期待できます。
ただ、どうしても、植物由来の天然色素だけでは、色の入りが
よくないんですね。

 

 

そこで、さらに配合されているのがHC染料なんですよ。
HC染料は、とても安全性の高い染料なんですよ。
詳しくはHC染料は白髪染めに含まれる成分なの?をご覧下さい。

 

 

もっと詳しい利尻ヘアカラートリートメントの体験ページへ

利尻昆布(利尻ヘアカラートリートメント)の白髪染めの成分の特徴

利尻昆布の白髪染めの成分表を見てみると「水」という表記があります。

この「水」は、「特殊水」で、人間の生体水に最も近い水なんです。

 

 

クラスターと呼ばれているもので、水の分子団が小さいために、
細胞と細胞の間を通り抜けて、有効成分を内部まで行き渡らせて
くれるんですよ。
サスティの実験では、植物の成長を早めたり、酸化を防いだりする
効果が期待できるんですよ。

 

 

もう一つ、利尻昆布の白髪染め、といわれるくらい、利尻ヘアカラー

トリートメントの成分の特料は、なんといっても利尻昆布の成分ですね。
利尻昆布に含まれるミネラルがうるおいを、アルギン酸が保湿を、
フコイダンが保水を促します。

 

 

昆布は、傷つくと、自らを補修する力があるんですね。
また、昔から、昆布を食べると髪がキレイになると言われていますよね。
こうした昆布のもと力に注目して、白髪染めに取り入れたんですね。

 

 

昆布の成分を配合した白髪染めは、多数発売されていますが、
利尻ヘアカラートリートメントの人気は、発売荒れて以来、
人気が続いています。

 

 

髪と頭皮に良くない成分、パラベン、シリコン、ジアミン系色素、
香料、鉱物油、タール系色素(法定色素)、酸化剤、4級アミン、を
一切使っていません。

 

 

もっと詳しい利尻ヘアカラートリートメントの体験ページへ

利尻昆布の白髪染めの成分は安全なのかを成分で鑑定

 

利尻昆布の白髪染めの成分は、トリートメントタイプの白髪染めの中で
一番安全だと言われています。

 

それは、全成分を調べてみると、天然植物由来の染料や成分が
圧倒的に多いことでわかります。また、白髪染めなのに、育毛や
発毛に効果が期待できる成分をたくさん配合しています。

 

 

白髪染めをすると、抜け毛が増えるのではないか、と心配をしている
方にとっては、安心で安全な成分ばかりですよ。
天然由来の安全性の高い成分がふんだんに配合されているんですね。
その一部は下記になります。

 

 

ミツロウ
きしみを減らし、髪をまとまりやすくすることが期待されています、
比較的刺激が弱いので安全性は高いと言えます。

 

ローヤルゼリーエキス
働きバチから分泌される粘性物質を生成したエキスです。
抗酸化作用や細胞活性化のほか、抗菌効果にも期待が持てます。
安全性は高いとされている成分ですが、希にアレルギー症状を起こします。

 

カキタンニン
下記の果実から抽出される成分です。
タンニンは植物の葉や皮、種などに含まれるポリフェノールの総称です。
白髪染めには、抗酸化作用、殺菌、抗菌作用が期待されています。
天然成分として安全性が確認されています。

 

水添ヤシ油
ココヤシから得られたヤシ油を水素添加して得られる油脂です。
白髪染めには、髪を滑らかにする油剤、閉塞剤として用いられています。
安全性の高い成分です。

 

ローマカミツレ花エキス
ヨーロッパを原産とするキク科のローマカミツレの花から取れるエキスです。
抗炎症作用、皮膚代謝促進作用、抗菌作用などが期待されています。
薬用植物の一つであり、安全性に信頼が持てます。

 

ローズマリーエキス
シソ科の植物であるマンネンロウの葉や花びらから抽出されるエキスです。
食用のほか、頭皮環境を清潔に保ってくれることからフケ防止、脱毛抑制、
育毛に効果が期待できます。
安全性の高い物質です。

 

ボタンエキス
ボタン科の植物の牡丹の根の皮から抽出されるエキスです。
高い抗消炎作用、血行促進効果、保湿効果などが期待されています。
毒性の心配がなく安全性の高い成分です。

 

ニンニクエキス
その名の通りにんにくの鱗茎から抽出されたエキスです。
頭皮環境を清潔に維持してくれるほかフケやかゆみの防止、血行促進作用が
あることから育毛効果も期待できます。
安全性の高い成分です。

 

センブリエキス
リンドウ科のセンブリと呼ばれる草から抽出されるエキスです。
血行促進や細胞分裂の活性化により発毛促進が期待されています。
安全性の高い成分ですが、アレルギーなどが発生する可能性があります。

 

 

そのほかにもたくさんの天然由来の安全性の高い成分が配合されています。

 

 

 

利尻昆布の白髪染めの全成分の安全性を確認したい方はこちら

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

白髪染めトリートメントでドラックストアで買える人気商品
白髪染めトリートメントが髪を傷めずアレルギー反応の心配もジアミン配合のものより大幅に少ないため人気です。ドラックストアで買えるもので、安全で人気の商品はどんなものなのでしょうか?
安い白髪染めトリートメントは安全なの?
白髪染めトリートメントといっても、随分と値段が違います。安い白髪染めトリートメントは安全なのでしょうか?
藤原紀香がCMの白髪染めシエロヘアカラートリートメント染まる?
藤原紀香さんがCMに出演しているシエロヘアカラートリートメントは、スーパーやドラックストアーで変える市販の白髪染めです。安全なのか、ちゃんと染まるのか、経済的なのかなど検証しました。