安い白髪染めトリートメントは安全なの?

安い白髪染めトリートメントは安全?安い理由は?

ドラックストアーで白髪染めコーナーを見てみると、

白髪染めトリートメントをたくさん見かけるようになりました。
中には1000円以下の安いものもありますね。

 

 

白髪染めトリートメントもほぼ7〜10日おきにずっと使い続ける
ものなので、安いに越したことはないんですよね。

 

 

ドラックストアーで買える安い白髪染めトリートメントに
資生堂ティアラトリートメントカラーリンスやサロンンドプロ
カラートリートメントなどがありますが、1000円以下で買えます。

 

 

しかし、安いものはやはり、それなりなんですね。
資生堂ティアラカラートリートメントは、そこそこ染るんですが、
髪へのトリートメント効果が低いようでパサつきます。

 

 

サロンドプロは染まり具合があまり良くなく、何度染めても
白髪だけが薄い色で目立つんですよね。

安い白髪染めトリートメントと高いものの違いは何?

化粧品などもそうなんですが、安い白髪染めトリートメントは、
高い美容成分の配合量が低く成分自体が安いものを配合している
ことが多いんですね。

 

 

なにより心配なのが安全性ですよね。
そこで、安い白髪染めトリートメントの価格と成分を調べました。

 

 

サロンドプロカラートリートメント

 

価格:906円(アマゾン)  内容量:160グラム

 

全成分
水、セタノール、ジメチコン、グリコール、BG、ミネラルオイル、
グリセリン、ステアルトリモニウムクロリド、加水分解ダイズタンパク、
ローヤルゼリーエキス、加水分解シルク、グルタミン酸、オリーブ油、
アミノプロピルジメチコン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、
エタノール、クエン酸、クエン酸Na、メチルパラベン、香料、
塩基性青99、塩基性茶16

 

成分の名前はよくわからないものが多いですね。
全成分の中で、キューティクルのコーティング成分で一番高濃度なのが
ジメチコンです。
ジメチコンはシリコンなんですよ。

 

 

ローヤルゼリーやシルク、オリーブ油なども配合されていますが、
シリコンが主軸のようですね。
そして、防腐剤にはパラベンが使用されています。
染毛成分は、塩基性染毛料だけなんですよ。

 

 

香料も使われていますので、ちょっと安全性という点で、不安が残りますね。

 

 

 

ホーユーアシュレーカラートリートメント

 

価格:1588円(アマゾン)  内容料:230グラム

 

全成分
水、セタノール、ベンジルアルコール、BG、ステアリン酸、ジメチコン、乳酸、
加水分解シルク、加水分解コンキオリン、アルブミン、ウイキョウエキス、
カミツレエキス、セイヨウノコギリソウエキス、セイヨウヤドリギエキス、
ホップエキス、メリッサエキス、ステアラミドMEA、エチルPABA、ラウレス硫酸Na、
エタノール、クエン酸、リン酸2Na、香料、(+/-)赤106、橙205、黄4、黄203、
黄403(1)、紫401、黒401

 

 

ホーユーアシュレーカラートリートメントは、ヘアマニキュア感覚で
トリートメントをしながら白髪染めをしていきます。
5分の放置時間でいいとのことですが、色が入りづらいです。

 

またジメチコンというシリコンも配合されています。
染料は、安全性が高いのですが、色の入りが良くないんですね。

 

ルプルプヘアカラートリートメント

 

価格:通常1本 3,000円 初回限定 1,834円 送料:500円 (5000円以上で無料)

   内容量:200グラム

 

全成分
水、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、BG、グリセリン、
ソルビトール、尿素、ステアリルトリモニウムブロミド、ガゴメエキス、
ベニバナ赤、クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキス、ヒアルロン酸Na、
ポリ-γ-グルタミン酸Na、システイン/オリゴメリックプロアントシアニジン、
キトサン、グリシン、ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油、
ステアラミドプロピルジメチルアミン、結晶セルロース、炭酸水素アンモニウム、
乳酸、オクトキシグリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル、
イソステアリン酸オクチルドデシル、水添ロジン酸ペンタエリスリチル、
イソプロパノール、PVP、ヒドロキシエチルセルロース、アルギン酸Na、
4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、
塩基性青99、HC青2、HC黄2、HC黄4、セテアリルグルコシド、
ステアリン酸グリセリル、エタノール

 

 

利尻ヘアカラートリートメントと並ぶトリートメントタイプの白髪染めの
大人気商品です。

 

 

ガゴメエキス、ポリ-γ-グルタミン酸Na、グリシン、アルギン酸Naなどの
髪にハリ・コシを与える成分、キトサン、ラベンダー油、ローズマリー油、
などの髪のキューティクルを保護する成分染色成分は、植物由来のエキスに
塩基性染料、HC染料などの刺激の少ない化学染料で、染まりやすさを
補っています。

 

 

ステアリルトリモニウムブロミドのみが、刺激性の界面活性剤ですが、
それ以外は無添加・無香料・ノンパラベンと、とても安全でトリートメント
ができる白髪染めです。

 

 

利尻ヘアカラートリートメント

 

価格:通常1本3,000円 初回限定 2,000円 送料540円(7,000円以上で送料無料)

内容量:200グラム

 

全成分
水(特殊水)・ベヘニルアルコール・ステアラミドプロピルジメチルアミン・
ミリスチルアルコール・パルミチン酸エチルヘキシル・ミツロウ・
リシリコンブエキス・ローヤルゼリーエキス・アルギン酸Na・加水分解シルク・
加水分解ケラチン・カキタンニン・乳酸・乳酸Na・水添ヤシ油・
ローマカミツレ花エキス・ローズマリーエキス・ミリスチン酸・ボタンエキス・
プラセンタエキス・フユボダイジュ花エキス・パーシック油・ニンニクエキス・
トコフェロール・センブリエキス・セイヨウキズタエキス・セイヨウアカマツ球果エキス・
ステアリン酸グリセリル・ゴボウ根エキス・ゲンチアナエキス・カワラヨモギエキス・
カミツレエキス・オランダカラシエキス・オドリコソウ花エキス・
オタネニンジンエキス・オクラエキス・エタノール・イソペンチルジオール・
アルニカ花エキス・アルテア根エキス・PEG-40水添ヒマシ油・
オオウメガサソウ葉エキス・ユズエキス・キトサン・
塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン・
システイニルプロアントシアニジンオリゴマー・PVP・ヒドロキシエチルセルロース・
セテアリルグルコシド・ポリ-γ-グルタミン酸Na・加水分解コンキオリン・

水酸化K・BG・ポリクオタニウム-10・フェノキシエタノール・水溶性アナトー・
クチナシ青・シコンエキス・ウコンエキス・
4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール・HC青2・HC黄4・塩基性青99

 

 

色の入りが、トリートメントタイプの白髪染めの中で一番です。
また、安全性も一番のルプルプと並ぶ大人気の白髪染めです。

 

 

染色成分は、植物由来のアナトー・クチナシ・シコンエキス・ウコンエキスなどに
刺激の少ない塩基性染料を使用して、染まり具合を良くしています。
リシリコンブエキス・ローヤルゼリーエキス・アルギン酸など髪にハリ・コシ
与える成分ミツロウ、パーシック油などのキューティクルを保護する成分
カキタンニン、ローズマリーエキス、センブリエキスなどの育毛成分が
配合されており、トリートメント効果や育毛効果も期待できます。

 

 

ノンパラベン、無香料、鉱物油不使用など、安心して使うことができます。

 

 

ドラックストアーで買える白髪染めトリートメントベスト3へ

安い白髪染めトリートメントを長い目で見ると

上記のように、安い白髪染めトリートメントは、アレルギーの出る

可能性のある成分を使っていたり、髪と頭皮に優しい成分の
配合が少ない
んですね。

 

 

ですから、使い続けていくうちに、髪がパサついてきたりする
可能性がある
んですね。
そうすると、パサついた髪にコンディショナーやトリートメントなどを
使うことになります。

 

 

結局、ほかのものにお金を使うことになりますね。
つまり、さらにお金をかけることになりますので、かえって
高くついてしまいますよ。

 

 

しかも、トリートメントタイプの白髪染めは、使う続けるうちに
髪に、ハリ・ツヤなどが出てくることがかなり期待できます。
管理人の母は、利尻カラーシャンプーを使い続けていくうちに、
抜け毛が減ってきたと喜んでいます。

 

 

高い白髪染めトリートメントが、完璧でものすごくいいわけでは
ありません。
ですが、安いにはやすいなり、高いには高いなりの理由がある
ことをふまえて、貴方にあった白髪染めトリートメントを使いましょう。

 

 

ドラックストアーで買える白髪染めトリートメントベスト3へ

関連ページ

白髪染めトリートメントでドラックストアで買える人気商品
白髪染めトリートメントが髪を傷めずアレルギー反応の心配もジアミン配合のものより大幅に少ないため人気です。ドラックストアで買えるもので、安全で人気の商品はどんなものなのでしょうか?