白髪染めトリートメントでドラックストアで買える人気商品

白髪染めトリートメントがドラックストアでも人気です

 

市販の白髪染めの中で、ジアミン配合の製品が、安くて1回で染まるので
人気でした。
ところが、ジアミンという成分によるアレルギーが、ニュースでも
扱われるほど、問題になりました。

 

ジアミンで、一度かぶれてしまったら、ジアミン配合の白髪染めを使うと
またかぶれてしまいます。
市販の白髪染めにしても美容室の白髪染めにしてもジアミン配合の製品は
もう二度と使えますん。

 

 

そこで、安全で、髪と頭皮に優しい白髪染めとして、白髪染めトリートメント
が注目されるようになりました。
ドラックストアでも販売されている商品の中で、人気商品があります。

 

 

ドラックストアーで買える白髪染めトリートメントベスト3へ

白髪染めトリートメントでドラックストアで買える人気商品の特徴

1回では染まらないけれど、数回使っているうちに徐々に白髪が

染まっていきます。
ノンジアミンで、髪と頭皮に優しい白髪染めです。
白髪を染めながら、傷んだ髪を補修していきますので、
使えば使うほど髪にハリ・ツヤが出てきます。

 

 

自分で白髪染めをすると、どうしても頭皮についてしまうんですが、
洗い流しをしっかりすれば、頭皮が痛むことはありません。
ですから、生え際もしっかり染めることができますよ。

 

 

白髪染めトリートメントに配合されている主な染料は、ベニバナ、ウコン、
藍などの植物染料と、刺激が少ない塩基性染料やHC染料です。

 

 

髪と頭皮に低刺激の文、シャンプーすると色落ちするなど、色の入りは
あまり強くはありません。

 

 

上記に挙げたドラックストアや東急ハンズなどで買える人気の
白髪染めトリートメントは、公式サイトで買ったほうが初回限定特典
として安く購入することができます。
また、資生堂プリオールは1本からでも送料無料なんですよ。

 

 

ドラックストアーで買える白髪染めトリートメントベスト3へ

白髪染めトリートメントの体験談

肌に良くない成分は配合されていません

パラベン

正式名称「パラオキシ安息香酸エステル」化粧品や食品などに防腐剤

として使用されています。
とても安全な防腐剤ですが、腐敗してしまうと、肌に刺激のある物質に
変化する。

 

合成香料

シャンプーやリンス、洗剤、柔軟剤、トイレの消臭剤、防虫剤、お菓子、
ジュースなどの食品にまで使用されています。
時に、アレルギーを引き起こすことがあります。

 

タール系色素

コールタールからできる色素です。タール系色素は、たくさんの種類が有り、
化粧品には83種類が許可されています。
発がん性があり、激しいアレルギーをも引き起こすことがあります。

 

ジアミン系酸化染毛剤

正式名称「パラフェニレンジアミン」。PPDAとも呼ばれる

化学染料で、ヘアカラーの中で、特に濃い色を作りやすい
ため、カラー剤には不可欠な成分とも言えます。

 

しかし、アレルギーを起こす危険性があります。
頭皮から吸収されて、長期間使って行くうちにちくされていき
重篤なアレルギーを起こすこともあります。

 

シリコン

シリコンは、添加物ですが、あまり健康被害に至ることはないとされています。
シャンプーに、髪が、からまりにくくなるようにと含まれていることが多い。
あまり質の良くないシリコンが含まれていると、十分なすすぎをしないと
毛穴が詰まってしまうことがあります。

 

鉱物油

鉱物油は、白髪染め以外にもクレンジングオイルやベビーオイルにも
使われています。
石油から作らるため、技術力がなかった時には、不純物が混じっている
ものもありました。
それが、発がん性があると問題になりました。
現在は、技術が向上したため、不純物が混じってはいませんが、
危険性については、何とも言えません。

 

酸化剤

白髪染めに使われる酸化剤は過酸化水素水になります。

酸化剤はアンモニアによって分解されると酵素を発生させます。
漂白剤や殺菌剤などにも使用される強い成分のため、
毛根を弱らせてしまいます。
そのため、髪が傷んだり、薄毛の原因になることがあります。

 

 

ドラックストアーで買える白髪染めトリートメントベスト3へ

白髪染めトリートメントに含まれる安全な成分

白髪染めトリートメントは、各社、配合されている髪と頭皮に
やさしい成分が違いますが、代表的な成分は以下になります。

 

昆布エキス

昆布やわかめは昔から髪にいい食べ物と言われてきました。

ミネラルが豊富なので、髪のハリ・コシに食べ物の代表と
されてきました。

 

 

では、何故、白髪染めなど、食べるのではなく、髪に塗布する
白髪染めに配合されるのはなぜなのでしょうか。

 

 

昆布に含まれるネバネバの成分に「フコイダン」というものがあります。
「フコイダン」は、保湿力にすぐれています。
また、「アルギン酸」にも優れた保湿力があり、髪に潤いを与えてくれる
効果が期待できます。

 

更に、昆布には、傷んだ部分を補修する力があります。
この補修する力が、傷んだ髪を補修する効果があると期待されています。

 

 

ステアリン酸グリセリル

ステアリン酸グリセリルは、合成界面活性材なんです。

白顔染めをする時の髪へのダメージを軽減する成分です。

 

合成界面活性材は、、髪と頭皮に良くない、というイメージを
持っていませんか?
実際、石油から作られた合成界面活性材は、あまりいいとは言えないですね。

 

 

ステアリン酸グリセリルは、植物性油脂に含まれる脂肪酸を
エステル化するという方法で作られています。
天然由来の成分から作られている比較的安全な成分です。

 

 

フェノキシタール

フェノキシタールは、天然由来の防腐剤です。

防腐剤といえば、パラベンが多くの白髪染めや化粧品に使われて
いましたが、肌トラブルの原因や染色体異常の原因となる、として
使用を中止する製品が増えました。

 

 

フェノキシタールは、緑茶などの植物に含まれている天然由来の
成分です。
防腐剤として高い効果が期待されています。

 

 

しかし、完璧な防腐剤とは言えません。
まれに、アレルギーを引き起こす場合があります。

 

 

べへニルアルコール

べへニルアルコールは合成成分ではないんですよ。

菜種油の還元アルコールから得られる高級アルコールなんです。
安全性が高く、肌荒れや頭皮ケアに効果が期待できるんですよ。

 

 

アルコールという名前がついていますが、アルコール(エタノール)
とは違うんですよ。
組成の化学式の形がアルコールなんですが、エタノールとは別なんですよ。

 

 

べへニルアルコールは、乳化剤を安定させる役割を果たします。
安定して水と油を乳化させる、温度の変化に強くなる、などの働きが
あります。

 

 

また、髪の毛をケアする働きもあります。
皮膚の潤いを保ち、なめらかな状態を作ってくれます。
そのため、トリートメントタイプの白髪染めやシャンプー、リンスに
配合される成分です。

 

ミリスチルアルコール

ミリスチルアルコールは、天然の植物油から抽出できます。

エモリエント油で高級な脂肪酸なんですよ。
恋らもエタノールではないので、アルコールフリーの製品にも
配合されるんですよ。

 

 

おもに乳化安定剤として配合されています。
また、毛髪に潤いを与えたり、柔軟性を持たせる働きがあります。
髪のゴアつきが抑えられるので、髪の手触りが良くなります。

 

 

なので、トリートメントタイプの白髪染めに良く配合されています。

 

 

ドラックストアーで買える白髪染めトリートメントベスト3へ

白髪染めの染料

白髪染めの染料には、いくつかの種類があります。
トリートメントタイプの白髪染めに配合されることが多い
染料を解説します。

 

植物性染料

 

酸化染料やアルカリ剤を使用した白髪染めで髪が痛む可能性が
高いところから、トリートメントタイプの白髪染めに配合される
ことがおおくなったのが植物性染料です。

 

 

色々な植物性染料が使われていますが、よく使われるのが、
「ヘナ」「クチナシ」「ウコン」「アナトー」といった色素です。

 

この中で「クチナシ」は、植物性染料として、食品や漢方薬の原料
としても幅広く使われています。
また、クチナシの果実を乾燥させると黄色の染料となります。

 

 

たくあんの黄色もクチナシの染料が使われているんですよ。
それにクチナシの果実の「サンシシ」を発酵させると
青色に変化します。

 

 

そして、ウコンは黄色の染料、アナトーは、赤色の染料になります。
これらの色々な染料を使って白髪染めの色は出来上がります。

 

 

植物性染料は、とても安全な染料なんですが、うるしやアロエに
かぶれる方がいるように、白髪染めに使っている植物に合わない
方がいます。

 

 

ですから、パッチテストをしてから使用してくださいね。

 

 

塩基性染料

天然染料は、安全な占領ですが、色落ちが早いのがデメリット

なんです。
そのデメリットを補う訳ありを果たしているのが塩基性染料です。

 

 

合成染料のうちの水溶性染料なんですよ。
塩基性染料は、プラスの電荷を持っています。
髪の毛の表面のケラチンタンパク質のマイナス部分とイオン結合します。

 

 

結合することで、染料が付着します。
分子サイズが大きいため、髪に浸透しないんですね。
ですから、髪の表面のみに付着するため、髪を傷めません。

 

 

ですから、トリートメントタイプの白髪染めの多くにHC染料と共に
配合されています。

 

 

とても安全な染料なのですが、希にあわない方がいるんですね。

 

 

HC染料

HC染料は、塩基性染料と以外分子がとても小さいのが特徴です。

無理にキューティクルを開かなくても髪に浸透するんですよ。
ですから、トリートメントタイプの白髪染めによく配合されています。

 

 

HC染料は、キューティクルの隙間にくっついているだけなので、
髪を傷めることがありません。
そのかわり、色持ちがあまりよくないんですね。
ほぼ、3週間程度で色落ちしてしまいます。

 

 

トリートメントタイプの白髪染めは、ほぼ、7〜10日おきに
染める必要があるのは、髪と頭皮に刺激が少ないんだけれど、
色落ちしやすいというのが、理由だったんですね。

 

 

でも、アルカリ剤で無理やりキューティクルを開いて染めると
色のはいりもいいですし、色持ちもいいのですが、髪と頭皮が
傷んでしまうことが心配されます。

 

 

その点で、HC染料は髪と頭皮に優しいですね。

 

 

4−ヒドロキシプロピリアミノ-3-ニトロフェノール

なかなか長い名前ですね。

4−ヒドロキシプロピリアミノ-3-ニトロフェノールは、色々な
白髪染めの成分表に染毛剤として記載されています。

 

 

酸化染毛剤より毒性がなく天然由来の染料よりは刺激が強めな
合成染料なんですよ。

 

 

比較的色が入りやすく色落ちもしにくいのですが、髪への刺激が
多少あるという染料です。
植物性染料の色落ちしやすいていうデメリットをおぎなってくれる
染料と言えます。

 

 

ただ、希にアレルギーが出る場合がありますので、パッチテストを
してくださいね。

 

関連ページ

安い白髪染めトリートメントは安全なの?
白髪染めトリートメントといっても、随分と値段が違います。安い白髪染めトリートメントは安全なのでしょうか?