白髪染めの選び方@かぶれない市販品はどれ?

頭皮のかぶれの原因は主にジアミンです

 

白髪染めを使ったら、頭皮がかぶれてしまった経験をお持ちの方が
いますよね。

 

 

その原因の主なものは、市販されている白髪染めの大半に含まれている
ジアミン系の成分なんです。
ジアミン系の成分でアレルギー反応が出てしまうと、二度とこの成分が
含まれている白髪染めが使えなくなります。

 

 

それは、市販品のみならず、美容院で白髪染めをしても同じなんです。
美容院の白髪染めにもジアミン経の成分が含まれているんですよ。
ですから、美容院でもジアミン系の成分が含まれていないものでなければ
使えません。

 

 

また、ジアミン系の成分のアレルギー反応というのは、すぐに現れず
何年も使っていて、知らず知らずのうちに蓄積したものが、突然現れる
んですね。

 

 

市販品の白髪染めは、安いし、色も豊富だし、手軽に自宅で染められるし、
髪が少々傷んでも、トリートメントをすれば、ある程度修復できるので
使い続けてしまいますね。

 

 

あれだけの商品が、薬局やスーパーに所狭しと並んでいるのですから、
かぶれやアレルギー反応は、自分には起きないだろうと思いますよね。

 

 

それは、当たらずとも遠からずというところなんですね。
10年近く、ジアミン系の成分が配合されている白髪染めを
使っても、かぶれやアレルギー反応が起きない方がほとんどですね。

 

 

ところが、アレルギー反応は、ある日突然起きるんですね。
かぶれ方がひどいと、顔や首や背中にまで、かぶれが赤く晴れ上がって
しまいます。
本当に重症になると、呼吸困難を引き置きしてしまうこともあるんですよ。

 

 

特に、女性の場合は、ホルモンのバランスの変化などで、体調が変化した
タイミングで、アレルギー反応が起きてしまうことがあります。

ノンジアミンの白髪染めにも種類があります

それでは、かぶれの主な原因となるジアミンが配合されていない
白髪染めには、どんなものがあるのかを下記にまとめました。

 

 

ヘアカラートリートメント

 

 

髪と頭皮に優しい天然成分と、刺激が少なく安全性が高いと言われている塩基性染料やHC染料が使われている白髪染めです。
染めるたびに傷んだ髪の補修もできると人気が高いです。

 

 

一度では染まらず、数回使うことで染まっていきます。
利尻ヘアカラートリートメント、ルプルプ、DHCQ10美容液カラー
トリートメントが東急ハンズやロフトなどで購入可能です。
ですが、もし購入するならが、公式ページから購入するほうが
断然お得に購入できます。

 

ヘアマニキュア(酸性染毛料)

 

 

髪の表面をコーティングして色をつけていくタイプです。
髪を傷めにくい白髪染めですが、頭皮や肌につくと落ちづらいです。
ですから、根元や生え際の白髪は頭皮から少し離して染めていきます。

 

 

ジアミンのような毒性の強い成分は含まれていませんが、使われて
いる色素がタール系で、発がん性の危険性が報告されています。
大手メーカーのものが、大半のドラックストアーやスーパーで
購入できます。

 

 

おはぐろ式白髪染め(非酸化染毛剤)

 

おはぐろと同じ黒い色に染める白髪染めです。
以前は、ノンジアミンの白髪染めとして、よく使われえいたんですが、
最近は、あまり見ることはないですね。
ポリフェノール類などと鉄塩が反応することで髪を染めるので
硫黄臭いこともあり、あまり使われることがなくなりました。

 

 

市販品では、マロンマインドカラーがあります。

 

 

ヘナ(植物)

 

ヘナは、クレオパトラも使っていたと言われている100%天然の染料です。
100%ヘナの場合、空がはオレンジ色に染まってしまうため、インディゴ
などとあわせて色の調整をした商品が人気です。

 

 

ただ、染めるのに2〜3時間かかってしまう、独自の草の匂いが3〜4日
続きます。
準備や後始末が大変ですが、髪が元気になります。

 

 

ヘナの製品で注意が必要なのは、ブラックやブラウン、ダークブラウンに
染まるものや、10〜15分の放置時間で染まるものには、ジアミンが
配合している可能性が高いです。

 

 

もう一つ、ヘナは強い植物なので、植物アレルギーを起こす可能性が
あります。

 

 

100%ヘナは東急ハンズに置いてあることが多いです。
ドラックストアーやスーパーでは、100%ヘナは置いていないことが
多く、マックヘナ、ナイアードヘナの取り扱いがあるところがあります。

かぶれにくく使いやすいのはトリートメントタイプ

ノンジアミンの白髪染めは上記のようなタイプがありますが、

低刺激でかぶれにくく、髪と頭皮にやさしい白髪染めの中では

ヘアカラートリートメントタイプが人気です。

 

 

市販のジアミン系の成分が含まれている白髪染めに比べると、
少々値段が高めですが、ある日突然、アレルギーが起きる
心配がありません。

 

 

管理人は、更年期になって、抜け毛が急に増えて、びっくりしてから
利尻ヘアカラートリートメント、ルプルプ、レフィーネヘッドスパ
などの白髪染めを使うようになってから、抜け毛が減りました。

 

 

白髪染めは、使い始めると長い期間になりますよね。
やはり、髪と頭皮に優しい、安心安全なものを使い続けたいですね。

関連ページ

市販の白髪染めは黒髪も茶色に染めることが出来る?
市販の白髪染めで黒髪も明るい色に染めることが出来るのでしょうか。
市販の白髪染め泡タイプのメリット・デメリットについて
市販の白髪染めで泡タイプの製品が人気です。そこで、メリットとデメリットをまとめました。
白髪染めをしてかぶれた!かぶれない市販品選びと注意点
市販の白髪染めを使って頭皮がガサガサになったり かぶれてしまったらどんなことに注意したらいいのか、どんな白髪染めを使ったらいいのかを解説します。
妊娠中や授乳中の白髪染めは市販品で胎児や母乳への影響は?
妊娠中や授乳中の白髪染めは、市販品を使ってもいいのか、胎児や母乳への影響はないのか調べました。
白髪染めで暗くなった髪色を明るくしたいブリーチはどう?
白髪染めをしてみたら、髪の色が暗くなってしまった。髪色を明るくするためにブリーチをして染め直すのはどうなのかを検証しました。
白髪染め市販品で男性用の特徴と選び方
男性も自宅で白髪染めをする方が増えてきました。 その特徴や市販の人気の白髪染めの髪へのダメージについて解説します。
白髪染めは市販のもので染めるのと美容院との違いは何?
白髪染めをするのに市販品を使うのと美容院で染めるのはどこが、どのように違うのでしょうか?行きつけの美容師さんに聞いてみました。
白髪染めを市販品でするとムラができるいっそブリーチしたら?
白髪染めを市販品でするとムラができるとお悩みの方が多いようです。髪が痛むのを覚悟でいっそブリーチをして染め直そうとすると髪はどうなるのでしょうか?
白髪染めを自宅で市販品でしてパーマをかけるのは何日後?
白髪染めをしてパーマもかけたい方がいると思います。おチラが先にすればいいのか、何日くらいあけたらいいのかなどをまとめました。
市販の白髪染めと黒染めの違いは?明るい色に染め直すには?
市販の白髪染めも黒染めも、髪を黒く染めるのですが大きな違いがあるんです。 また、黒染めをした髪を明るい色に染め直すことはできるのでしょうか?
白髪染めで市販品を使って髪が赤くならないんはアッシュ系
市販の白髪染めを使ったら、髪の色が赤っぽくなったという経験はありませんか?その理由はメラニン色素にあるようです。
白髪染めを市販品でする時髪と頭皮に優しいものを選ぶには
白髪染めは美容院ですると1万円近くすることもあります。そこで、市販品で髪と頭皮に優しいものを選ぶにはどんなことに気をつければいいのかをまとめました。
市販の白髪染めで抜け毛が増えるハゲになるってどうして?
市販の白髪染めで頭皮や首・顔などにかぶれやただれのトラブルが話題になっています。抜け毛が増えてハゲになるという心配はどうなんでしょうか。
白髪染め市販品は染めた色は長持ちする?
白髪染めで市販品を使って染めた色が長持ちするでしょうか?長持ちさせるコツはあるのでしょうか?
天然成分配合の白髪染めが市販の白髪染めよりおすすめの理由
天然成分の白髪染めの「天然成分」ってなんのことなのか、市販お白髪染めよりおすすめなのはなぜかをまとめました。