市販の白髪染めで抜け毛が増えるハゲになるってどうして?

市販の白髪染めに含まれるパラフェニレンジアミンは抜け毛の原因?

 

ここ最近、何度かカラー剤に含まれるパラフェニレンジアミンによる
かぶれやただれがニュースで取り上げられています。
ひどい人になると頭皮だけではなく顔や首や背中まで赤く腫れ上がって
いましたよね。

 

 

パラフェニレンジアミンは、髪の毛根にダメージを与えるものでは
ありませんが、頭皮にただれやかぶれを広範囲に起こしてしまうと
抜け毛につながる可能性があります。

 

 

また、1剤2剤で染めていく白髪染めには過酸化水素水が
使われています。

 

 

この成分も頭皮にトラブルを起こす可能性がある成分です。
パラフェニレンジアミン同様、髪の毛根にトラブルを起こす
可能性は少ないものの、髪を傷めたり頭皮にトラブルを起こす
可能性がある成分ですね。

 

 

頭皮を傷めると、髪の毛が正常に生えてくる頭皮の環境が崩れて
抜け毛が増えたり、ハゲたりする可能性がありますよね。

 

 

頭皮は、適度な皮脂で覆われていて保湿されており、少し青白い
状態が健康なんですね。
そして、ひとつの毛穴から2〜3本の髪が生えているんですね。

 

 

それが、パラフェニレンジアミンや過酸化水素水などによって
大きなトラブルとまではいかないまでも、乾燥したり、弱酸性で
あるはずの頭皮が、薬剤のアルカリ性でPHバランスが崩れたり
すると、抜け毛につながる可能性があります。

市販の泡タイプの白髪染めも要注意です

行きつけの美容師さんが、あまり感心しないというのが、
市販の泡タイプの白髪染めなんです。

 

 

泡タイプの白髪染めは、髪にカラー剤を定着させるために
界面活性剤を使っているんですね。
界面活性剤というおは、水と油の境界をなくす役割をしているもので
洗剤やシャンプー、歯磨きの泡の中に含まれているものなんですね。

 

 

ヘアカラー剤の入っている、ラウリル硫酸塩などは、硫酸界面活性剤と
呼ばれているもので、危険性が高い合成界面活性剤なんですよ。
タンパク質変性作用で、人の体のタンパク質を壊してしまう危険性が
あります。

 

 

髪も頭皮もタンパク質でできているので、髪を傷める可能性が大きい
ので、美容師さんが、あまりおすすめしません、というのが
泡タイプの白髪染めなんですよ。

 

 

市販の白髪染めが、直接抜け毛になるようなものではないけれど、
髪と頭皮に与える影響が、やがて薄毛や抜け毛、ハゲになる
可能性があるということですね。

 

 

女性の場合、更年期を迎えると、ホルモンのバランスなどが崩れて
抜け毛が増えてしまうこともあるんですね。
管理人が、そうだったんですよ。

 

それまでは、シャンプーにも白髪染めにも無頓着だったんですが、
絨毯に落ちている髪の毛の多さに気がついてから、アミノ酸系のシャンプーに
変えて、白髪染めも、ルプルプや利尻ヘアカラートリートメント、レフィーネヘッドスパ
等のトリートメントタイプの白髪染めに変えたんですよ。

 

 

シャンプーもすすぎを十分にして、すぐにドライヤーで乾かすなどを実行して
抜け毛を減らすことができましたよ。

 

 

関連ページ

市販の白髪染めは黒髪も茶色に染めることが出来る?
市販の白髪染めで黒髪も明るい色に染めることが出来るのでしょうか。
市販の白髪染め泡タイプのメリット・デメリットについて
市販の白髪染めで泡タイプの製品が人気です。そこで、メリットとデメリットをまとめました。
白髪染めをしてかぶれた!かぶれない市販品選びと注意点
市販の白髪染めを使って頭皮がガサガサになったり かぶれてしまったらどんなことに注意したらいいのか、どんな白髪染めを使ったらいいのかを解説します。
妊娠中や授乳中の白髪染めは市販品で胎児や母乳への影響は?
妊娠中や授乳中の白髪染めは、市販品を使ってもいいのか、胎児や母乳への影響はないのか調べました。
白髪染めで暗くなった髪色を明るくしたいブリーチはどう?
白髪染めをしてみたら、髪の色が暗くなってしまった。髪色を明るくするためにブリーチをして染め直すのはどうなのかを検証しました。
白髪染め市販品で男性用の特徴と選び方
男性も自宅で白髪染めをする方が増えてきました。 その特徴や市販の人気の白髪染めの髪へのダメージについて解説します。
白髪染めは市販のもので染めるのと美容院との違いは何?
白髪染めをするのに市販品を使うのと美容院で染めるのはどこが、どのように違うのでしょうか?行きつけの美容師さんに聞いてみました。
白髪染めを市販品でするとムラができるいっそブリーチしたら?
白髪染めを市販品でするとムラができるとお悩みの方が多いようです。髪が痛むのを覚悟でいっそブリーチをして染め直そうとすると髪はどうなるのでしょうか?
白髪染めを自宅で市販品でしてパーマをかけるのは何日後?
白髪染めをしてパーマもかけたい方がいると思います。おチラが先にすればいいのか、何日くらいあけたらいいのかなどをまとめました。
市販の白髪染めと黒染めの違いは?明るい色に染め直すには?
市販の白髪染めも黒染めも、髪を黒く染めるのですが大きな違いがあるんです。 また、黒染めをした髪を明るい色に染め直すことはできるのでしょうか?
白髪染めで市販品を使って髪が赤くならないんはアッシュ系
市販の白髪染めを使ったら、髪の色が赤っぽくなったという経験はありませんか?その理由はメラニン色素にあるようです。
白髪染めを市販品でする時髪と頭皮に優しいものを選ぶには
白髪染めは美容院ですると1万円近くすることもあります。そこで、市販品で髪と頭皮に優しいものを選ぶにはどんなことに気をつければいいのかをまとめました。
白髪染め市販品は染めた色は長持ちする?
白髪染めで市販品を使って染めた色が長持ちするでしょうか?長持ちさせるコツはあるのでしょうか?
天然成分配合の白髪染めが市販の白髪染めよりおすすめの理由
天然成分の白髪染めの「天然成分」ってなんのことなのか、市販お白髪染めよりおすすめなのはなぜかをまとめました。
白髪染めの選び方@かぶれない市販品はどれ?
白髪染めにはいろいろな種類がありますが、かぶれない市販品の選び方をまとめました。