白髪染めで市販品を使って髪が赤くならないんはアッシュ系

市販の白髪染めで赤っぽくならないのはアッシュ系がベター

 

市販の白髪染めを使ったら、髪の色が赤っぽくなってしまったこと
有りませんか?
もう少し、落ち着いた茶色に染まるかと思ったら、どうして赤っぽく
なってのかわからない、とお悩みの方がいると思います。

 

 

日本人の髪は、黒が多いんでしが、よく見ると、赤みがかった黒
の方が、意外に多いんですね。
これには、髪の毛の色を黒に保つメラニン色素が関係しています。

 

 

メラニン色素自体が、黒一色でできているわけではないんですよ。
赤や黄色や茶色から成り立っているんですよ。

 

メラニン色素の詳しい説明は後ほどするとして、髪の毛の色が
赤っぽくならない白髪染めの色があります。

 

 

それは、アッシュ系の色なんですよ。
初めて白髪染めをする方が試してみるのに最適の色なんですが、
アッシュ系のアッシュとは、灰色の色味なんですね。

 

 

アッシュ系の白髪染めで染めると、白髪をぼかす効果があります。
それで、自然にハイライトを入れているような仕上がりになるんですよ。

 

そして、アッシュにも青みを加えたものや、プラスグリーンを加えた
ものがあります。
中でもグリーンを加えたものが赤みを抑えた仕上がりになるんですね。
白髪染めでありながら、とてもオシャレな印象になるんですよ。

髪質によってメラニン色素が違うんです

時々、白髪が黄色っぽくなっている人をみませんか?
それは、二つのメラニン色素が関係しているからなんですよ。

 

 

メラニン色素には、フェオメラニン(亜メラニン)とユーメラニン
(真メラニン)という二つのメラニンがあり、それぞれに特徴があります。

 

 

フェオメラニン(亜メラニン)は、赤や黄色、ユーメラニン(真メラニン)は
ブラウンでできています。
メラニン色素が抜けて白髪になっていく過程で、この二つのメラニンの
抜けていくスピードが違うと、白髪が黄色っぽくなるんですよ。

 

 

この二つのメラニンは、髪質によって持っている量が違うんですね。
黒く見える髪も赤や黄、茶色がベースになっているんですよ。
ですから、髪の毛の色が、真っ黒い人もいれば茶色がかった黒の
人もいるんですね。

 

 

白髪染めをするときに、メラニン色素が少し抜けて赤っぽく染まる
髪質の人がいるんですね。

 

 

管理人の経験では、利尻ヘアカラーのブラウンで白髪染めをしたら
写真に写る髪の色が赤っぽかったんですね。
元々の髪の色が、真っ黒ではなく、焦げ茶色っぽい髪質なんです。

 

 

ルプルプのダークブラウンで白髪染めをすると、一番自毛に
近い色に染まりました。
この時は、写真に写しても、髪が赤っぽくなりませんでした。

 

 

髪質の持つメラニン色素と白髪染めの色の相性があるんですね。

 

 

 

 

 

関連ページ

市販の白髪染めは黒髪も茶色に染めることが出来る?
市販の白髪染めで黒髪も明るい色に染めることが出来るのでしょうか。
市販の白髪染め泡タイプのメリット・デメリットについて
市販の白髪染めで泡タイプの製品が人気です。そこで、メリットとデメリットをまとめました。
白髪染めをしてかぶれた!かぶれない市販品選びと注意点
市販の白髪染めを使って頭皮がガサガサになったり かぶれてしまったらどんなことに注意したらいいのか、どんな白髪染めを使ったらいいのかを解説します。
妊娠中や授乳中の白髪染めは市販品で胎児や母乳への影響は?
妊娠中や授乳中の白髪染めは、市販品を使ってもいいのか、胎児や母乳への影響はないのか調べました。
白髪染めで暗くなった髪色を明るくしたいブリーチはどう?
白髪染めをしてみたら、髪の色が暗くなってしまった。髪色を明るくするためにブリーチをして染め直すのはどうなのかを検証しました。
白髪染め市販品で男性用の特徴と選び方
男性も自宅で白髪染めをする方が増えてきました。 その特徴や市販の人気の白髪染めの髪へのダメージについて解説します。
白髪染めは市販のもので染めるのと美容院との違いは何?
白髪染めをするのに市販品を使うのと美容院で染めるのはどこが、どのように違うのでしょうか?行きつけの美容師さんに聞いてみました。
白髪染めを市販品でするとムラができるいっそブリーチしたら?
白髪染めを市販品でするとムラができるとお悩みの方が多いようです。髪が痛むのを覚悟でいっそブリーチをして染め直そうとすると髪はどうなるのでしょうか?
白髪染めを自宅で市販品でしてパーマをかけるのは何日後?
白髪染めをしてパーマもかけたい方がいると思います。おチラが先にすればいいのか、何日くらいあけたらいいのかなどをまとめました。
市販の白髪染めと黒染めの違いは?明るい色に染め直すには?
市販の白髪染めも黒染めも、髪を黒く染めるのですが大きな違いがあるんです。 また、黒染めをした髪を明るい色に染め直すことはできるのでしょうか?
白髪染めを市販品でする時髪と頭皮に優しいものを選ぶには
白髪染めは美容院ですると1万円近くすることもあります。そこで、市販品で髪と頭皮に優しいものを選ぶにはどんなことに気をつければいいのかをまとめました。
市販の白髪染めで抜け毛が増えるハゲになるってどうして?
市販の白髪染めで頭皮や首・顔などにかぶれやただれのトラブルが話題になっています。抜け毛が増えてハゲになるという心配はどうなんでしょうか。
白髪染め市販品は染めた色は長持ちする?
白髪染めで市販品を使って染めた色が長持ちするでしょうか?長持ちさせるコツはあるのでしょうか?
天然成分配合の白髪染めが市販の白髪染めよりおすすめの理由
天然成分の白髪染めの「天然成分」ってなんのことなのか、市販お白髪染めよりおすすめなのはなぜかをまとめました。
白髪染めの選び方@かぶれない市販品はどれ?
白髪染めにはいろいろな種類がありますが、かぶれない市販品の選び方をまとめました。