市販の白髪染めの基礎知識一覧

白髪染めが先?パーマが先?

 

普段、家で市販の白髪染めで髪を染めている方が多いと思います。
1剤、2剤で染める白髪染めが、美容院の白髪染めと成分は
ほぼ変わりないんでしたよね。

 

 

そんな髪の状態で、美容院でパーマをかけられるのでしょうか?
パーマをかけられるとしたら、どんなタイミングがいいのでしょうか?
行きつけの美容院で聞いてみました。

 

 

まず、パーマと白髪染めをするのなら、パーマを先にかけて、
1週間あけてから白髪染めをするといいとのこと。

 

 

美容院では、白髪染めとパーマは同時に行うことはほとんど
ないんですね。

 

 

同時にできないことはないんですが、白髪染めの色が入り
にくかったり、パーマが上手くかからなかったりと、きれいに
仕上がらないことが多いと教えてくれました。

 

 

自宅で、1剤、2剤を使って染めるタイプの白髪染めを
使っている場合は、髪が、どのくらい傷んでいるか、
パーマをかける何日前に白髪染めをしたか、によるんですね。

 

 

白髪染めを先にすると、3週間ほどあけてからパーマをかけると
トラブルが少ないんですね。

パーマをかけたことによるトラブルを最小限にするには

市販の白髪染めは、美容院の白髪染めと成分は、ほとんど

変わらない場合が多いんですね。
でも、美容院では、以前白髪染めをした部分と、新しく生えてきた
部分とで、液剤の強さを調節して、髪へのダメージを最小限に
食い止めているんです。

 

 

自宅で市販の白髪染めを使っている場合、髪の状態がどうであれ、
一番強い液剤で髪全体を染めますので、染まり具合にムラが
できたり、髪が傷んだりしています。

 

 

ですから、美容院に電話して、使っている白髪染めと、
何日くらい前に染めたかを伝えてください。
美容院で扱っているパーマ液とあなたの髪の状態によって
個人差が出てきますよ。

トリートメントタイプの白髪染めとパーマの相性は?

トリートメントタイプの白髪染めは、髪と頭皮に安全で、
自宅で簡単に染められるとして人気です。

 

 

その中でも利尻ヘアカラートリートメントやルプルプは、
昆布に含まれているフコイダンという成分が配合されていて、
髪のダメージの補修や保湿に効果が期待されています。

 

 

ところが、パーマとの相性は、必ずしもいいとは言えないんです。
美容院でパーマをかけたところ、髪が赤っぽく変色した、
髪が青っぽく変色したというトラブルがあるんですね。

 

 

これは、パーマの液剤と、白髪染めの成分が反応して起きた
現象なんです。

 

 

利尻ヘアカラートリートメントやルプルプによると、
パーマをかけてから1週間以上あけてから白髪染めをして下さい。
白髪染めをした場合は、3週間以上あけてから、パーマを
かけてください、と説明しています。

 

 

それこそ、美容師さんに、自宅で使っている白髪染めは何かを
きちんと伝えないと、髪の色が大変なことになる可能性が
あります。

 

 

白髪染めとパーマの両方をしたい時は、美容院に相談するのが
一番ですね。

 

 

 

関連ページ

市販の白髪染めは黒髪も茶色に染めることが出来る?
市販の白髪染めで黒髪も明るい色に染めることが出来るのでしょうか。
市販の白髪染め泡タイプのメリット・デメリットについて
市販の白髪染めで泡タイプの製品が人気です。そこで、メリットとデメリットをまとめました。
白髪染めをしてかぶれた!かぶれない市販品選びと注意点
市販の白髪染めを使って頭皮がガサガサになったり かぶれてしまったらどんなことに注意したらいいのか、どんな白髪染めを使ったらいいのかを解説します。
妊娠中や授乳中の白髪染めは市販品で胎児や母乳への影響は?
妊娠中や授乳中の白髪染めは、市販品を使ってもいいのか、胎児や母乳への影響はないのか調べました。
白髪染めで暗くなった髪色を明るくしたいブリーチはどう?
白髪染めをしてみたら、髪の色が暗くなってしまった。髪色を明るくするためにブリーチをして染め直すのはどうなのかを検証しました。
白髪染め市販品で男性用の特徴と選び方
男性も自宅で白髪染めをする方が増えてきました。 その特徴や市販の人気の白髪染めの髪へのダメージについて解説します。
白髪染めは市販のもので染めるのと美容院との違いは何?
白髪染めをするのに市販品を使うのと美容院で染めるのはどこが、どのように違うのでしょうか?行きつけの美容師さんに聞いてみました。
白髪染めを市販品でするとムラができるいっそブリーチしたら?
白髪染めを市販品でするとムラができるとお悩みの方が多いようです。髪が痛むのを覚悟でいっそブリーチをして染め直そうとすると髪はどうなるのでしょうか?
市販の白髪染めと黒染めの違いは?明るい色に染め直すには?
市販の白髪染めも黒染めも、髪を黒く染めるのですが大きな違いがあるんです。 また、黒染めをした髪を明るい色に染め直すことはできるのでしょうか?
白髪染めで市販品を使って髪が赤くならないんはアッシュ系
市販の白髪染めを使ったら、髪の色が赤っぽくなったという経験はありませんか?その理由はメラニン色素にあるようです。
白髪染めを市販品でする時髪と頭皮に優しいものを選ぶには
白髪染めは美容院ですると1万円近くすることもあります。そこで、市販品で髪と頭皮に優しいものを選ぶにはどんなことに気をつければいいのかをまとめました。
市販の白髪染めで抜け毛が増えるハゲになるってどうして?
市販の白髪染めで頭皮や首・顔などにかぶれやただれのトラブルが話題になっています。抜け毛が増えてハゲになるという心配はどうなんでしょうか。
白髪染め市販品は染めた色は長持ちする?
白髪染めで市販品を使って染めた色が長持ちするでしょうか?長持ちさせるコツはあるのでしょうか?
天然成分配合の白髪染めが市販の白髪染めよりおすすめの理由
天然成分の白髪染めの「天然成分」ってなんのことなのか、市販お白髪染めよりおすすめなのはなぜかをまとめました。
白髪染めの選び方@かぶれない市販品はどれ?
白髪染めにはいろいろな種類がありますが、かぶれない市販品の選び方をまとめました。