白髪染め市販品で男性用の特徴と選び方

男性が白髪を気にしだす年齢と白髪染めへの考え方

 

男性にも若白髪の方はいますが、一般的に白髪を気にしだすのは
30代後半からのようです。
そして、実際に白髪を染出すのは40歳ころからのようです。

 

男性の場合、若い頃からヘアカラーになれている方は、白髪染めで
髪が染まることに抵抗がないですね。

 

 

一方、ずっと髪を染めないで過ごしてきた方は白髪染めをする際
染めたことを周囲に気づかれることに抵抗があるので、少しずつ
染めていきたいと考えているようです。

男性用の白髪染めの特徴

スーパーや薬局へ行くと、女性の白髪染めとともに、たくさんの
男性用の白髪染めが販売されていますね。

 

 

どちらも、1剤と2剤を混ぜて使うタイプ、泡タイプ、
クリームタイプと女性用の白髪染めと同じものが並んでいます。
少し違うのは、男性用の白髪染めは、ブラックをはじめとして
女性用より暗い色が多いというのが特徴なんです。

 

 

今でこそ、男性も若い頃から明るい色に髪を染めている方が増えて
きましたが、髪を染めないで過ごしてきて、気がついたら白髪が
目立つようになってきたという方も多いですよね。

 

 

すると、白髪が気になるけれど、周りの人に染めたということを
気づかれるのが恥ずかしいと感じるようです。
また、男性の場合、仕事中に着用するのはスーツや作業着という方が多い
ですよね。
服装に合わせて、という点でも暗い色が多いんですね。

男性の白髪染めの色の選び方は?

男性の場合、白髪染めをする時に考えるのは、白髪の量です。
白髪は全体的にあるけれど10%程度の方は、自分の髪の色より
明るめの色を選んだほうが、仕上がりがきれいですよ。

 

 

逆に、自毛と同じ色か少し黒っぽい色を選んだ場合は、髪全体が
黒っぽく仕上がります。

 

 

白髪の量が、次第に30%、50%と増えていくほど白髪染めの色が
はっきりしてきます。
また、髪質によっても白髪染めの染まり方が違ってきます。

 

 

染まりやすい髪質は、細くて柔らかくパーマがかかりやすい、
自毛の色が明るい色です。
染まりずらい髪質は、太くて硬く色が濃い髪です。

 

 

まず試しに染めてみる、という方にはアッシュブラウンや
ダークブラウンを選んでみてはいかがでしょうか?
染まりにくい髪質の方は、1トーン明るい色を選ぶと
しっくりくるようです。

男性用の市販の白髪染めで人気なのは?

ホーユーメンズビゲンワンプッシュ

(¥1,188 色:ナチュラルブラック)

 

アマゾンの白髪染め部門で1位になりました。
クリームタイプの早染めの白髪染めで黒色が
自然な発色だと評判です。

 

髪に溶かして5分放置するだけでそま上がりが早く
濃く染まるのが特徴です。

 

臭いもシトラスの爽やかな香りなのが爽やかで
いいと評判です。

 

ただ、1剤にトルエン-2,5-ジアミン、パラアミノフェノール、
パラフェニレンジアミン、メタアミノフェノールが配合されて
いますので、アレルギー反応が心配されます。

 

サロンドプロヘアカラーメンズビューティー

(¥615 色:ナチュラルブラック)

 

ツンとする臭いのない、無香料のところが人気の白髪染めです。
5分で素早く染まる早染めタイプです。
もみあげ・生え際にもしっかりぬれる細部用クシが便利です。
小分けできるので、使わない分はとっておけます。
髪をいたわるローヤルゼリーエキス、オリーブオイル、
植物性プロテインを配合。

 

しかし、アレルギー反応が心配されるパラアミノフェノール、
パラフェニレンジアミンが配合されており、注意書きに
「まれに思い上げるギー反応を起こすことがあります」との
記載があります。

 

メンズビゲンムースカラー

(¥1,188 色:7ナチュラルブラック)

 

ムースタイプの白髪染めです。簡単ワンプッシュで、
手にムースを乗せて髪にもみ込んで使えるので、見えない
後ろの髪も染めやすいです。

 

アスパラギン酸、センブリエキス、タウリン、海藻エキスの
成分が髪をケアします。

 

しかし、アレルギーの可能性があるトルエン-2.5-ジアミン、α-ナフトール、
パラフェニレンジアミンが配合されています。
注意書きには、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコールが
使用中に、じんましん、息苦しさ何度の異常が現れる可能性の
記載があります。

 

 

 

 

 

いずれも、スーパーや薬局で手に入りやすく、値段も安いのですが、
最近ニュースなどで取り上げられている、白髪染めによる
アレルギー反応を起こす可能性があるジアミンが配合されています。

 

 

ジアミンアレルギーは、使っているるうちに、成分が蓄積されて
いって、突然肌にトラブルが起きたり、場合によっては、生命の
危険に及んでしまうことです。

 

 

白髪染めは使い始めると、長期間になるものですよね。
上記のようなトラブルのない安全な白髪染めを使いたいですよね。

市販もしくはネット販売もされている安全な白髪染め

上記の市販の白髪染めに比べると、少し高いのですが、男性にも
人気のトリートメントタイプの白髪染めがあります。 

 

利尻ヘアカラートリートメント、ルプルプ、玉髪などが人気です。
その理由は、なんといっても、低刺激で、髪と頭皮にトラブルが
起きることが、ほとんどないという点です。

 

また、お風呂で簡単に使えるので、男性でも簡単に染められます。
1度でしっかり染まラないところがちょっと残念ですが、
数回使用すると、ほぼ染まります。

 

 

また、利尻カラーシャンプーは、シャンプータイプの白髪染めで、
十数回使用して、ほぼ染まるタイプでゆっくりした染まり方です。

 

 

急に白髪が染まるのが恥ずかしい、少しずつ染まって欲しい
という方にはむしろ向いています。

 

トリートメントタイプやシャンプータイプの白髪染めは、
少々高いのですが、髪と頭皮の健康を考えると、この出費は
必要経費ですね。

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

市販の白髪染めは黒髪も茶色に染めることが出来る?
市販の白髪染めで黒髪も明るい色に染めることが出来るのでしょうか。
市販の白髪染め泡タイプのメリット・デメリットについて
市販の白髪染めで泡タイプの製品が人気です。そこで、メリットとデメリットをまとめました。
白髪染めをしてかぶれた!かぶれない市販品選びと注意点
市販の白髪染めを使って頭皮がガサガサになったり かぶれてしまったらどんなことに注意したらいいのか、どんな白髪染めを使ったらいいのかを解説します。
妊娠中や授乳中の白髪染めは市販品で胎児や母乳への影響は?
妊娠中や授乳中の白髪染めは、市販品を使ってもいいのか、胎児や母乳への影響はないのか調べました。
白髪染めで暗くなった髪色を明るくしたいブリーチはどう?
白髪染めをしてみたら、髪の色が暗くなってしまった。髪色を明るくするためにブリーチをして染め直すのはどうなのかを検証しました。
白髪染めは市販のもので染めるのと美容院との違いは何?
白髪染めをするのに市販品を使うのと美容院で染めるのはどこが、どのように違うのでしょうか?行きつけの美容師さんに聞いてみました。
白髪染めを市販品でするとムラができるいっそブリーチしたら?
白髪染めを市販品でするとムラができるとお悩みの方が多いようです。髪が痛むのを覚悟でいっそブリーチをして染め直そうとすると髪はどうなるのでしょうか?
白髪染めを自宅で市販品でしてパーマをかけるのは何日後?
白髪染めをしてパーマもかけたい方がいると思います。おチラが先にすればいいのか、何日くらいあけたらいいのかなどをまとめました。
市販の白髪染めと黒染めの違いは?明るい色に染め直すには?
市販の白髪染めも黒染めも、髪を黒く染めるのですが大きな違いがあるんです。 また、黒染めをした髪を明るい色に染め直すことはできるのでしょうか?
白髪染めで市販品を使って髪が赤くならないんはアッシュ系
市販の白髪染めを使ったら、髪の色が赤っぽくなったという経験はありませんか?その理由はメラニン色素にあるようです。
白髪染めを市販品でする時髪と頭皮に優しいものを選ぶには
白髪染めは美容院ですると1万円近くすることもあります。そこで、市販品で髪と頭皮に優しいものを選ぶにはどんなことに気をつければいいのかをまとめました。
市販の白髪染めで抜け毛が増えるハゲになるってどうして?
市販の白髪染めで頭皮や首・顔などにかぶれやただれのトラブルが話題になっています。抜け毛が増えてハゲになるという心配はどうなんでしょうか。
白髪染め市販品は染めた色は長持ちする?
白髪染めで市販品を使って染めた色が長持ちするでしょうか?長持ちさせるコツはあるのでしょうか?
天然成分配合の白髪染めが市販の白髪染めよりおすすめの理由
天然成分の白髪染めの「天然成分」ってなんのことなのか、市販お白髪染めよりおすすめなのはなぜかをまとめました。
白髪染めの選び方@かぶれない市販品はどれ?
白髪染めにはいろいろな種類がありますが、かぶれない市販品の選び方をまとめました。