白髪染めをしてかぶれた!かぶれない市販品選びと注意点

白髪染めでかぶれないための基本の基

 

ドラッグストアやスーパーで買える市販の白髪染めを使ったら
頭皮がガサガサになったりかぶれた、ということを聞くことが
多くなってきたような気がします。

 

 

配合されている成分の中にジアミンや過酸化水素水が原因、
ということもよく聞くことです。
こうした成分が原因ということもありますが、それ以前の
問題もあるんですよ。

 

 

それは、白髪染めの落とし方、シャンプーの仕方、乾かし方
などのやり方が間違っている場合もあります。

 

白髪染めの落とし方

管理人は、薄毛が気になるので、白髪染めをした時には
頭皮に液剤が残らないように気をつけます

 

 

たとえどんなに髪と頭皮に刺激の少ない安心安全な白髪染めを
使っても、頭皮に液剤が残ってしまうことには不安になります。
ですから、液剤を塗布したあと、シャンプーするタイプを
使っています。

 

 

シャンプー前に、色水がでなくなるまで、しっかり洗い流します。

色水がすっかり切れるまで1分間くらいは洗い流してから
シャンプーをします。

 

 

シャンプーをすっかり洗い流すには、1分以上かかるんですよ。
ここで、面倒くさがらず、1分間以上洗い流さないと、髪に
シャンプーが残っているんです。

 

 

シャンプーも、きちんと洗い流さないと、頭皮のトラブルに
つながります。
今すぐトラブルが起こらないとしても、薄毛や抜け毛の
原因になるんですよ。

 

 

白髪染めの液剤は、色水がなくなるまでよくすすぎ、
その後のシャンプーのすすぎも、1分以上かけてすすぐことが
髪と頭皮を守る基本ですよ。

 

 

シャンプー後の髪は素早くドライヤーで乾かす

 

さて、よくすすいだあとの髪ですが、あなたはどうしていますか?

 

 

頭皮には、さまざまな雑菌や皮脂などが存在します。
髪をシャンプーしたあと、濡れたままにしておくと、雑菌やカビが繁殖します。
それは、髪と頭皮にとって良い状態ではありません。
頭皮は、素早く乾燥する必要があるんですよ。

 

 

やけどをしないようにドライヤーを頭皮から15センチほど離して、

髪と頭皮を乾かします。
生乾きにならないように、後頭部の下の方やこめかみの辺りなど
からドライヤーをあてていきます。

 

放置時間は長すぎないこと

 

ほとんどの白髪染めは、頭皮につかないように塗布してくださいと
説明書に書いてありますね。
そんな白髪染めですから、よく染まるためのポイントとして、
放置時間を長くするといいのですが、程度問題です。

 

 

ジアミンや過酸化水素水が配合されている白髪染めは特に、
あまり長い時間の放置をすることは、トラブルにつながりかねません。
放置時間が、15分程度が目安と書いてあるものであれば、
20〜25分程度以上は放置しないことです。

 

 

なぜならば、どんなに頭皮に付かないように塗布しても、
どうしても、ついてしまうからなんですよ。

 

 

頭皮に積極的につけて、ヘッドマッサージをしてください、
と言う白髪染めはレフィーネヘッドスパです。
もちろん、ジアミンや過酸化水素水は配合されていませんよ。

 

また、1時間放置しても髪と頭皮にトラブルがなかったのは
利尻ヘアカラートリートメントです。

ジアミンアレルギーや過酸化水素水にかぶれる場合があります

上記のように、
白髪染めをしっかりすすいで、正しいシャンプー法を行って
いるのに、アレルギーやかぶれを起こしてしまう場合があります。

 

 

体にとってよくない成分が含まれている白髪染めを使っていても
髪と頭皮にトラブルが起きないからと、使っていませんか?

 

 

いつも使っている白髪染めで、突然トラブルが起きた場合、
二つの理由が考えられます。

 

 

一つ目は、妊娠やホルモンバランスの変化など、あなた自身の
体調が変わったため、今まで使っていた白髪染めでトラブルが
起きた場合です。

 

 

本人が自覚していなくても、なにか病気が潜んでいるという場合や
年齢によるホルモンバランスの変化ということがあります。
また、過度なダイエット、生活が不規則になった、などの理由で
いつも使っている白髪染めでトラブルが起きることがあります。

 

 

そんなときは、生活習慣を見直す、病院を受診するなどしましょう。

 

 

もう一つは、使い続けていくうちに、トラブルの原因となる成分が
少しづつ蓄積されていき、突然かゆみやかぶれとなって現れる
場合です。

 

 

ジアミンアレルギーなどは、命の危険に繋がるような重篤な
症状を引き起こす場合もあるんですよ。

 

 

いずれにしても、皮膚科を受信して、トラブルの原因となる
成分を特定してください。
トラブルが起きた成分が含まれている白髪染めは、
二度と使うことができないんですよ。

 

 

トラブルとなる成分が含まれている白髪染めは、他社のもの
でも、必ず、同じく、かゆみやかぶれの症状が出ますよ。

 

 

安くて手軽に手に入るという理由で白髪染めを選ぶと
将来の薄毛や抜け毛の原因になる可能性もあります。

 

 

少々値がはっても、安心安全な白髪染めを使いたいですね。

関連ページ

市販の白髪染めは黒髪も茶色に染めることが出来る?
市販の白髪染めで黒髪も明るい色に染めることが出来るのでしょうか。
市販の白髪染め泡タイプのメリット・デメリットについて
市販の白髪染めで泡タイプの製品が人気です。そこで、メリットとデメリットをまとめました。
妊娠中や授乳中の白髪染めは市販品で胎児や母乳への影響は?
妊娠中や授乳中の白髪染めは、市販品を使ってもいいのか、胎児や母乳への影響はないのか調べました。
白髪染めで暗くなった髪色を明るくしたいブリーチはどう?
白髪染めをしてみたら、髪の色が暗くなってしまった。髪色を明るくするためにブリーチをして染め直すのはどうなのかを検証しました。
白髪染め市販品で男性用の特徴と選び方
男性も自宅で白髪染めをする方が増えてきました。 その特徴や市販の人気の白髪染めの髪へのダメージについて解説します。
白髪染めは市販のもので染めるのと美容院との違いは何?
白髪染めをするのに市販品を使うのと美容院で染めるのはどこが、どのように違うのでしょうか?行きつけの美容師さんに聞いてみました。
白髪染めを市販品でするとムラができるいっそブリーチしたら?
白髪染めを市販品でするとムラができるとお悩みの方が多いようです。髪が痛むのを覚悟でいっそブリーチをして染め直そうとすると髪はどうなるのでしょうか?
白髪染めを自宅で市販品でしてパーマをかけるのは何日後?
白髪染めをしてパーマもかけたい方がいると思います。おチラが先にすればいいのか、何日くらいあけたらいいのかなどをまとめました。
市販の白髪染めと黒染めの違いは?明るい色に染め直すには?
市販の白髪染めも黒染めも、髪を黒く染めるのですが大きな違いがあるんです。 また、黒染めをした髪を明るい色に染め直すことはできるのでしょうか?
白髪染めで市販品を使って髪が赤くならないんはアッシュ系
市販の白髪染めを使ったら、髪の色が赤っぽくなったという経験はありませんか?その理由はメラニン色素にあるようです。
白髪染めを市販品でする時髪と頭皮に優しいものを選ぶには
白髪染めは美容院ですると1万円近くすることもあります。そこで、市販品で髪と頭皮に優しいものを選ぶにはどんなことに気をつければいいのかをまとめました。
市販の白髪染めで抜け毛が増えるハゲになるってどうして?
市販の白髪染めで頭皮や首・顔などにかぶれやただれのトラブルが話題になっています。抜け毛が増えてハゲになるという心配はどうなんでしょうか。
白髪染め市販品は染めた色は長持ちする?
白髪染めで市販品を使って染めた色が長持ちするでしょうか?長持ちさせるコツはあるのでしょうか?
天然成分配合の白髪染めが市販の白髪染めよりおすすめの理由
天然成分の白髪染めの「天然成分」ってなんのことなのか、市販お白髪染めよりおすすめなのはなぜかをまとめました。
白髪染めの選び方@かぶれない市販品はどれ?
白髪染めにはいろいろな種類がありますが、かぶれない市販品の選び方をまとめました。