市販の白髪染めの基礎知識一覧

市販の白髪染めの基礎知識一覧記事一覧

市販の白髪染めは黒髪も茶色に染めることが出来る?

市販の白髪染めは、値段が安く、スーパーやドラッグストアでも手に入るので、人気があります。そして、割合明るい色の白髪染めも見かけますね。ところで、市販の白髪染めは黒髪の部分も明るい茶色に染められるのでしょうか?答えは、NOなんですね。おしゃれ染めと白髪染めの違いからその理由を説明しますね。

≫続きを読む

市販の白髪染め泡タイプのメリット・デメリットについて

一時期、高島礼子さんや飯島直子さんのCMでブローネ泡タイプの白髪染めが注目を浴びたことがあります。高島礼子さんの生え際に泡がしっかり密着する状態を見て、使ってみた方から、宣伝のような泡にならないとの体験談が。とはいえ、泡タイプの白髪染めは、初心者にとって扱いやすいところが人気のポイントなんですね。手...

≫続きを読む

白髪染めをしてかぶれた!かぶれない市販品選びと注意点

ドラッグストアやスーパーで買える市販の白髪染めを使ったら頭皮がガサガサになったりかぶれた、ということを聞くことが多くなってきたような気がします。配合されている成分の中にジアミンや過酸化水素水が原因、ということもよく聞くことです。こうした成分が原因ということもありますが、それ以前の問題もあるんですよ。...

≫続きを読む

妊娠中や授乳中の白髪染めは市販品で胎児や母乳への影響は?

妊娠中の白髪染め、というと、妊婦さんの年齢は?と不思議に思うかもしれませんが、元々、若白髪、妊娠したら急に白髪が増えた、という方が、案外多いんですね。そして、特に、妊娠後期になると、出産後、赤ちゃんに手がかかるし、写真を写す機会が増えるので、今のうちでないと白髪染めをする機会がない、という意見があり...

≫続きを読む

白髪染めで暗くなった髪色を明るくしたいブリーチはどう?

白髪染めは、おしゃれ染めと違って、黒髪の色を脱色しません。ですから、どうしても日本人の自毛に近い暗い色がほとんどなんですね。ですが、髪の色が暗いと、顔の印象が老けて見えたり、瞳の色と髪の色を合わせたい、という意見が案外多いんですね。そこで、せっかく白髪染めをしたけれど、髪をもう少し明るい色にしたいと...

≫続きを読む

白髪染め市販品で男性用の特徴と選び方

男性にも若白髪の方はいますが、一般的に白髪を気にしだすのは30代後半からのようです。そして、実際に白髪を染出すのは40歳ころからのようです。男性の場合、若い頃からヘアカラーになれている方は、白髪染めで髪が染まることに抵抗がないですね。一方、ずっと髪を染めないで過ごしてきた方は白髪染めをする際染めたこ...

≫続きを読む

白髪染めは市販のもので染めるのと美容院との違いは何?

白髪染めは、薬局やスーパーで買える市販品が、ものすごくたくさん並んでいます。その価格は、安いものだと1000円しませんよね。一方美容院の白髪染めは8,000円〜10,000円もします。1回でしっかり染まるし、市販品より髪が傷まないし、染めムラもなくきれいに染まっています。これはきっと使っている液剤の...

≫続きを読む

白髪染めを市販品でするとムラができるいっそブリーチしたら?

市販の白髪染めと一口に言っても色々ありますね。このカテゴリーではスーパーや薬局で安く買える市販品で進めていきます。市販の白髪染めって、色が落ちやすいのでしょうか?まず、色が入りやすいように、アレルギーの危険があるジアミンや頭皮にかゆみやかぶれを起こす可能性のある過酸化水素水を配合しています。一度では...

≫続きを読む

白髪染めを自宅で市販品でしてパーマをかけるのは何日後?

普段、家で市販の白髪染めで髪を染めている方が多いと思います。1剤、2剤で染める白髪染めが、美容院の白髪染めと成分はほぼ変わりないんでしたよね。そんな髪の状態で、美容院でパーマをかけられるのでしょうか?パーマをかけられるとしたら、どんなタイミングがいいのでしょうか?行きつけの美容院で聞いてみました。ま...

≫続きを読む

市販の白髪染めと黒染めの違いは?明るい色に染め直すには?

市販の白髪染めには、どのメーカーにもブラックという黒染めの色がありますよね。一方黒染めというのは、おしゃれ染めで黒く染めることなんですね。これもまた、市販の白髪染めにも各メーカーでブラックという黒く染める色がありますね。両方に黒という色があるのですが、その染める過程は大きく違います。白髪染めは、まだ...

≫続きを読む

白髪染めで市販品を使って髪が赤くならないんはアッシュ系

市販の白髪染めを使ったら、髪の色が赤っぽくなってしまったこと有りませんか?もう少し、落ち着いた茶色に染まるかと思ったら、どうして赤っぽくなってのかわからない、とお悩みの方がいると思います。日本人の髪は、黒が多いんでしが、よく見ると、赤みがかった黒の方が、意外に多いんですね。これには、髪の毛の色を黒に...

≫続きを読む

白髪染めを市販品でする時髪と頭皮に優しいものを選ぶには

白髪染めは、一度染めると、長い付き合いになりますよね。美容院で白髪染めをすると時間もお金もかかるので、長続きしませんよね。かと言って、安い市販品の白髪染めだと髪と頭皮が傷んでしまう可能性がありますね。その上ジアミンや過酸化水素水を使う白髪染めは、一度かぶれ等のトラブルが起きると、同じ成分が配合されて...

≫続きを読む

市販の白髪染めで抜け毛が増えるハゲになるってどうして?

ここ最近、何度かカラー剤に含まれるパラフェニレンジアミンによるかぶれやただれがニュースで取り上げられています。ひどい人になると頭皮だけではなく顔や首や背中まで赤く腫れ上がっていましたよね。パラフェニレンジアミンは、髪の毛根にダメージを与えるものではありませんが、頭皮にただれやかぶれを広範囲に起こして...

≫続きを読む

白髪染め市販品は染めた色は長持ちする?

白髪染めの市販品は、染めた色が長持ちするかどうか、と一口に言っても種類によって、変わってくるんですね。主な、白髪染めの種類は以下の4つになります。●ヘアカラー(永久染毛剤)永久染毛剤には、液体、クリームタイプ、泡タイプなどになります。白髪染めの多くはこのタイプになります。このタイプは、髪の内部まで染...

≫続きを読む

天然成分配合の白髪染めが市販の白髪染めよりおすすめの理由

市販に白髪染めは、種類も色も豊富で、ドラックストアーやスーパーなどで、安くて簡単に染まるので、魅力的な商品ですよね。CMに藤原紀香さんが出てくると、ちょっと使ってみようかなと思います。ですから、最近、ニュースなどで市販お白髪染めで頭皮や顔や首にまでも真っ赤にはれた皮膚のトラブルが相次いでいると取り上...

≫続きを読む

白髪染めの選び方@かぶれない市販品はどれ?

白髪染めを使ったら、頭皮がかぶれてしまった経験をお持ちの方がいますよね。その原因の主なものは、市販されている白髪染めの大半に含まれているジアミン系の成分なんです。ジアミン系の成分でアレルギー反応が出てしまうと、二度とこの成分が含まれている白髪染めが使えなくなります。それは、市販品のみならず、美容院で...

≫続きを読む