HC染料は白髪染めに含まれる安全な成分なの?

HC染料は髪に優しい?

 

HC染料とは2001年4月に実施された化粧品規制緩和により
白髪染めなどに使用できるようになった染料の1つです。

 

 

「半永久染毛剤」という化粧品に分類される染料です。

 

 

HCとはHair Colorの略称で、白髪染めなどの成分表には
「HC黄2、HC青2」など「HC○○」と表記されているもの
HC染料が使用されている商品なんですよ。

 

白髪染めなどの成分表に「塩基性青99、塩基性茶16」など「塩基性○○」
と表記されているものは、塩基性染料が使用されている商品です。


 

 

HC染料の特徴は何と言っても髪に優しい染料であるという点なんですね。

 

 

髪や地肌へのダメージが少なく、白髪染めを使う時の刺激が
気になるという方でも、安心して使用することができる成分ですよ。

 

HC染料が髪に優しい理由とは

医薬部外品である「永久染毛剤」を使用した白髪染めの場合、
髪の表面にあるキューティクルを化学反応によってこじ開けて、
その隙間から染料を髪の毛に浸透させて発色させるんですよ。

 

 

無理矢理キューティクルを開いて染めるわけですから
髪へのダメージは大きく、地肌への刺激も強くなってしまうんですね。

 

 

HC染料の最大の特徴は、成分の分子が小さい点なんですよ。

 

 

分子が小さいため永久染毛剤のようにキューティクルを
無理に開く必要がなく、キューティクルの隙間から染料が
浸透して着色することにより、髪を傷めるとことなく
染めることができるんですよ。

 

 

さらにHC染料は刺激の少ない中性で安全性も高く、地肌に
付きにくいという特徴もあり、髪だけでなく地肌にも
優しい染料であると言えますね。

髪や皮膚が弱い方にはオススメの成分なんです

HC染料は分子が小さく、髪を傷めることなく染料が浸透する

というメリットがありますが、分子結合力が弱いために
染料が流出しやすく、色持ちが短いというデメリットもあるんですね。

 

 

HC染料だけだと頻繁に白髪染めをして色落ちを防ぐ必要が
ありますが、HC染料に加えて塩基性染料を配合することで
色持ちを長持ちさせる効果が期待できるんですね。

 

 

現在ほとんどの白髪染めトリートメントではこの2つの成分が
配合されているんですよ。

 

 

HC染料がキューティクルの隙間から浸透して発色し、塩基性染料が
髪の表面で発色することでさまざまなカラーバリエーションが
可能になります。

 

 

そして、色持ちを保つ効果があるんですね。

 

 

それでも色持ちする期間は平均すると約2〜3週間と
言われていますので、強い洗浄力を持つシャンプーの
使用を控えたほうがいいんですよ。

 

 

そして、キューティクル保護成分を含んだカラーリング用
シャンプーなどを使用して、できるだけ色持ちを長くすると
良いですよ。

 

 

HC染料は髪と地肌に優しく、自然な染め上がりが特徴なんですね。

 

 

普段から髪が傷んで困っている方や、皮膚が弱くて
かぶれてしまいやすい方、白髪染めの刺激臭が苦手な方には
オススメの成分ですよ。

 

 

白髪染めに含まれる天然染料の安全性は?へ

関連ページ

ジアミン系染料(白髪染め市販品に含まれる)の危険性
ジアミンは身体に刺激が強すぎる成分はそのうちのひとつで、使っているとジアミンアレルギーというアレルギー反応が起きることがあり、場合によっては命の危険を伴うケースもあるのです。
白髪染めの塩基性染料は安全なの?
髪や地肌へのダメージが少ない成分の代表的なものとして「塩基性染料」があります。塩基性染料とはどのような特徴があるのでしょうか。調べました。
白髪染めに含まれる天然染料の安全性は?
身体に使うものは天然由来の成分であれば安心して使うことができますが、それは白髪染めでも同じことが言えます。天然成分の染料の代表的なものにヘナやクチナシなどがあげられますが、これらの天然染料の特徴について調べました。
過酸化水素水は白髪染めで避けたい成分
過酸化水素水は髪を染めるときに重要な役割を担っているものです。ただ、非常に刺激が強く、毛髪だけでなく頭皮にも悪影響をもたらす可能性があります。調べました。
白髪染めの成分アミン系の危険性について
白髪染めの成分でアミン系の成分も危険性が指摘されています。どのようなものか調べました。
白髪染めの成分パラベンの危険性は低いけれど要注意です
パラベンは最も一般的に使われている成分で防腐剤として添加されています。どんな危険性があるか調べました。
白髪染めに含まれるメチルパラベンの危険性は殆ど無いけれど
白髪染めに含まれるメチルパラベンは、とても安全な防腐剤です。ですが、肌の弱い方には、トラブルを起こす可能性があります。
4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールは安全?
白髪染めの成分に4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールがあります。多くの白髪染めに含まれていますが、安全なのでしょうか?
白髪染めにシリコン配合のシャンプーは使っちゃいけないの?
一時、シリコン入りシャンプーが、ものすごく敬遠された時期がありました。シリコンとはどんな役割をするのか、詳しく調べました。
塩基性染料は白髪染めに配合されている危険性の少ない成分?
髪や地肌へのダメージが少ない成分の代表的なものとして「塩基性染料」があります。塩基性染料とはどのような特徴があるのか調べました。
白髪染めに配合されている天然染料は安全なのか?
白髪染めに配合されている天然染料には、ヘナやクチナシなどがありますが、安全と言われているのはどんな点なのかを調べました。
白髪染めの泡タイプなどに含まれる界面活性剤の危険性とは
市販の白髪染めの泡タイプなどに含まれる界面活性剤は危険性があります。身体にどんな影響を及ぼすのかを調べました。