白髪染めの塩基性染料は安全なの?

塩基性染料とは

 

塩基性染料とは2001年4月に実施された化粧品規制緩和によって
使用できるようになった染料なんですよ。

 

 

これらは、「半永久染毛剤」という化粧品に分類されています。

 

 

白髪染めなどの成分表に「塩基性青99、塩基性茶16」など「塩基性○○」
と表記されているものは、塩基性染料が使用されている商品です。


 

 

染料には大きく分けて「合成染料」と「天然染料」に分かれますが、
塩基性染料は合成染料に分類されるんですね。

 

 

合成染料と聞くと髪へのダメージが大きい印象を持ってしまいがちですね。

 

 

塩基性染料は医薬部外品に分類される「永久染毛剤」のように
髪に浸透した薬剤の化学反応によって発色するのではなく、
髪に浸透せずに髪の表面で発色するのが特徴なんですよ。

 

 

 

塩基性染料が安全な理由

塩基性染料が髪に浸透せずに発色する秘密は「イオン結合」という

現象によるものなんですね。

 

 

イオン結合とは塩基性染料が持っている+イオンと、髪の表面にある
ケラチンタンパク質の−イオンが静電気的な反応によって
定着する現象のことなんですよ。

 

 

従来の染料のように髪のキューティクルをこじ開けて染料を
浸透させるのではなく、髪の表面に吸着するので、髪に与えるダメージを
抑えながら染めることができるんですよ。

 

 

また、塩基性染料には皮膚に付いてしまっても染料が皮膚に
付きにくい性質を持っているため、地肌へのダメージも少なく、
安全に使用することができるのも特徴なんですよ。

 

 

白髪染めしたいけれど、髪や地肌へのダメージが気になる方にとって
オススメの染料なんですね。

 

 

さらに塩基性染料のもう一つの特徴としては、トリートメント成分
との相性が良いという点なんです。

 

 

高いトリートメント効果をもつ成分と配合した白髪染めを
使うことにより、髪のうるおいとツヤを保ちながら美しく
染め上げることができるんですよ。

 

 

このように塩基性染料は、髪や地肌に優しく安全な染料として、
手軽に使用することができる成分であると言えるんですね。

デメリットもありますが

塩基性染料は髪や地肌へのダメージも少なく、安全に使うことが
できるというメリットがあります。

 

 

その反面、何度も使用しないと色が染まりにくいというデメリットも
あるんですね。

 

 

また、染まった後の色持ちする期間も少なく、平均すると約2〜3週間で
色落ちしてしまう傾向があるんですね。

 

 

色持ちの良さに関しては永久染毛剤には及びませんが、永久染毛剤は
色持ちが良いぶん髪や地肌へのダメージが大きいのが特徴なんです。

 

 

HC染料は白髪染めに含まれる安全な成分なの?へ

関連ページ

ジアミン系染料(白髪染め市販品に含まれる)の危険性
ジアミンは身体に刺激が強すぎる成分はそのうちのひとつで、使っているとジアミンアレルギーというアレルギー反応が起きることがあり、場合によっては命の危険を伴うケースもあるのです。
HC染料は白髪染めに含まれる安全な成分なの?
「HC染料」は、白髪染めしたいけれど、染料が髪に与えるダメージが気になる方や、肌の弱くてかぶれやすい方など、できるだけ髪や地肌に優しい白髪染めを探している方にオススメの成分です。 詳しく調べました。
白髪染めに含まれる天然染料の安全性は?
身体に使うものは天然由来の成分であれば安心して使うことができますが、それは白髪染めでも同じことが言えます。天然成分の染料の代表的なものにヘナやクチナシなどがあげられますが、これらの天然染料の特徴について調べました。
過酸化水素水は白髪染めで避けたい成分
過酸化水素水は髪を染めるときに重要な役割を担っているものです。ただ、非常に刺激が強く、毛髪だけでなく頭皮にも悪影響をもたらす可能性があります。調べました。
白髪染めの成分アミン系の危険性について
白髪染めの成分でアミン系の成分も危険性が指摘されています。どのようなものか調べました。
白髪染めの成分パラベンの危険性は低いけれど要注意です
パラベンは最も一般的に使われている成分で防腐剤として添加されています。どんな危険性があるか調べました。
白髪染めに含まれるメチルパラベンの危険性は殆ど無いけれど
白髪染めに含まれるメチルパラベンは、とても安全な防腐剤です。ですが、肌の弱い方には、トラブルを起こす可能性があります。
4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールは安全?
白髪染めの成分に4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールがあります。多くの白髪染めに含まれていますが、安全なのでしょうか?
白髪染めにシリコン配合のシャンプーは使っちゃいけないの?
一時、シリコン入りシャンプーが、ものすごく敬遠された時期がありました。シリコンとはどんな役割をするのか、詳しく調べました。
塩基性染料は白髪染めに配合されている危険性の少ない成分?
髪や地肌へのダメージが少ない成分の代表的なものとして「塩基性染料」があります。塩基性染料とはどのような特徴があるのか調べました。
白髪染めに配合されている天然染料は安全なのか?
白髪染めに配合されている天然染料には、ヘナやクチナシなどがありますが、安全と言われているのはどんな点なのかを調べました。
白髪染めの泡タイプなどに含まれる界面活性剤の危険性とは
市販の白髪染めの泡タイプなどに含まれる界面活性剤は危険性があります。身体にどんな影響を及ぼすのかを調べました。