ジアミン系染料(白髪染め市販品に含まれる)の危険性

ジアミンアレルギーの危険性とは

 

ジアミンアレルギーはパラフェニレンジアミンという
ジアミン系薬剤の一種が引き起こすアレルギーで、頭皮の痛み、
ピリピリするなどの刺激、かぶれ、湿疹、かゆみ、顔の腫れなど、
さまざまな症状を引き起こすんですよ。


 

 

パラフェニレンジアミンはブラックやブラウンなどの濃い色の発色に
向いています。

 

 

そのため、強い染毛力が必要とされる白髪染めによく使用される成分ですが、
繰り返し使用していると、その分アレルギー反応が起きやすくなります。

 

 

なぜなら、パラフェニレンジアミンが体内に取り込まれると、
肝臓で分解でずに蓄積されていくからなんです。

 

 

そのため、最初は何の症状が起きなくても長期間使用していると、
アレルギー反応を起こしやすい体質になってしまうのです。

 

 

体質的に合わない方の場合は、パッチテストの段階で
発疹やかゆみなどを引き起こすケースもあります。

 

 

また、毒性が体内に蓄積されてしまうため、健常な方ももちろんですが、
特に妊娠中の方や子供への使用は絶対に避けなければいけないですよ。

 

 

ジアミンアレルギーが発症した場合、アレルギー反応が
消えることがないため、ジアミン系薬剤を含む白髪染めの使用を
中止するしか方法がないんですね。

ジアミンは海外諸国で規制される毒性の強い成分

重度のジアミンアレルギーになると、アナフィラキシーショックと呼ばれる、

急性で重度のアレルギー反応を引き起こすこともあるんですよ。

 

 

アナフィラキシーショックを発症してしまった場合、意識障害や
呼吸困難などといった重篤な症状を引き起こすこともあります。

 

 

また、1990年代には子供の頃からアトピー性皮膚炎を患っていた方が、
ジアミン系薬剤を含んだ白髪染めを使用しているうちにぜんそくを
発症して死亡した例や、誤飲して死亡してしまったというケースもあります。

 

 

海外ではジアミン系薬剤の規制が進められており、フィンランドでは
1991年にパラフェニレンジアミンの一般向けの使用が禁止されたんですよ。

 

 

EU諸国でも2011年にパラフェニレンジアミンの発がん性が立証されて
全面使用禁止となりました。

 

 

これらの規制の動きを見る限りでも、ジアミン系薬剤の有毒性が
認められているんですよ。

ノンジアミンカラーの白髪染めのすすめ

このようなジアミン系薬剤を使用した白髪染めやヘアカラーを
問題視する声が高まっており、ノンジアミンカラーと呼ばれる
ジアミン系薬剤を使用しない白髪染めやヘアカラーが注目されています。

 

白髪染めノンジアミンカラーの代表的なものに「白髪染めトリートメント」
があげられますが、ノンジアミンカラーはジアミン系薬剤を使わないため
濃い色を発色しにくいという欠点もあったんですね。

 

しかし、2001年に実施された化粧品規制緩和によって、「塩基性染料」や
「HC染料」などの新しい染料を使用できるようになってからは
カラーバリエーションも豊富になったんですよ。

 

 

白髪染めトリートメントは安全に使える白髪染めとして広く
愛用されるようになりました。

 

 

現在でもジアミン系薬剤を使用している白髪染めは一般的に
販売されていますが、成分表をチェックして「○○ジアミン」
などという記載がある商品は使わないようにするのが健康のためですよ。

 

 

白髪染めは普段から頻繁に使うものですから、身体に優しい成分の
白髪染めを使いたいものですね。

 

 

白髪染の塩基性染料は安全なの?へ

関連ページ

白髪染めの塩基性染料は安全なの?
髪や地肌へのダメージが少ない成分の代表的なものとして「塩基性染料」があります。塩基性染料とはどのような特徴があるのでしょうか。調べました。
HC染料は白髪染めに含まれる安全な成分なの?
「HC染料」は、白髪染めしたいけれど、染料が髪に与えるダメージが気になる方や、肌の弱くてかぶれやすい方など、できるだけ髪や地肌に優しい白髪染めを探している方にオススメの成分です。 詳しく調べました。
白髪染めに含まれる天然染料の安全性は?
身体に使うものは天然由来の成分であれば安心して使うことができますが、それは白髪染めでも同じことが言えます。天然成分の染料の代表的なものにヘナやクチナシなどがあげられますが、これらの天然染料の特徴について調べました。
過酸化水素水は白髪染めで避けたい成分
過酸化水素水は髪を染めるときに重要な役割を担っているものです。ただ、非常に刺激が強く、毛髪だけでなく頭皮にも悪影響をもたらす可能性があります。調べました。
白髪染めの成分アミン系の危険性について
白髪染めの成分でアミン系の成分も危険性が指摘されています。どのようなものか調べました。
白髪染めの成分パラベンの危険性は低いけれど要注意です
パラベンは最も一般的に使われている成分で防腐剤として添加されています。どんな危険性があるか調べました。
白髪染めに含まれるメチルパラベンの危険性は殆ど無いけれど
白髪染めに含まれるメチルパラベンは、とても安全な防腐剤です。ですが、肌の弱い方には、トラブルを起こす可能性があります。
4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールは安全?
白髪染めの成分に4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールがあります。多くの白髪染めに含まれていますが、安全なのでしょうか?
白髪染めにシリコン配合のシャンプーは使っちゃいけないの?
一時、シリコン入りシャンプーが、ものすごく敬遠された時期がありました。シリコンとはどんな役割をするのか、詳しく調べました。
塩基性染料は白髪染めに配合されている危険性の少ない成分?
髪や地肌へのダメージが少ない成分の代表的なものとして「塩基性染料」があります。塩基性染料とはどのような特徴があるのか調べました。
白髪染めに配合されている天然染料は安全なのか?
白髪染めに配合されている天然染料には、ヘナやクチナシなどがありますが、安全と言われているのはどんな点なのかを調べました。
白髪染めの泡タイプなどに含まれる界面活性剤の危険性とは
市販の白髪染めの泡タイプなどに含まれる界面活性剤は危険性があります。身体にどんな影響を及ぼすのかを調べました。