白髪染めに配合されている天然染料は安全なのか?

白髪染めで天然由来の成分であれば安心して使うことができる?

インディゴやウコンなど、天然染料に使われる原料h様々ですが
その中で、ヘナやクチナシは有名ですね。

 

 

ヘナはインドの伝承医学のアーユルベーダにおいて、薬草として
使用されているミソハギ科の植物なんですよ。

 

 

ヘナに含まれているローソニアという色素が、髪のたんぱく質に
付着すると、オレンジ色に染まります。
かの、クレオパトラも使っていたと言われています。

 

 

クチナシは、漢方薬の原料としても使われているアカネ科の植物で
トリートメントタイプの白髪染めに使われている天然染料なんですよ。

 

 

クチナシの染料としての色は黄色なんですが、クチナシの果実である
山梔子(さんしし)からは青色の染料を抽出することができます。

 

 

白髪染めの占領は複数を組み合わせて色を作るので、1つの天然染料から
複数の色を抽出できるので、広く使われているんですよ。

 

 

また、ベニバナも、よく使われる天然染料ですね。

 

 

ベニバナは、キク科の植物で紅色染料の他に食用油としても
利用されているくらい安全なんですね。

 

 

ベニバナに含まれる色素は、水溶性の黄色の色素「サフロールイエロー」と
水に溶けにくい紅色の色素「カルミダン」の2種類があるんですよ。
クチナシ同様複数の色を抽出できるんですね。

デメリットは手間や時間がかかること

天然染料は、髪と頭皮に優しいという最大のメリットがありますが、
染まるのに時間がかかるというデメリットもあるんですね。

 

しっかりと髪に占領を浸透させたい場合は、1時間以上放置しなければ
ならない製品もあるんですね。

 

また、粉末のタイプですと、お湯に溶かすなどの準備が必要で、
手間もかかりますし、家庭の排水管だと、詰まってしまわないように
流す必要があるんですよ。

 

 

もう一つ、天然染料の場合、原材料によっては、植物独特の臭いが
強いため、染めたあと数日は、匂いが取れないことがあるので、
あらかじめ、どんな匂いなのかを調べておいたほうがいいですよ。

 

 

そこで、天然染料とHC染料や塩基性染料を組み合わせている
白髪染めが多いんですね。

 

 

いずれにしても、天然染料は、髪と頭皮に優しいので、肌の
弱い方、敏感肌の方に好まれています。

 

 

関連ページ

ジアミン系染料(白髪染め市販品に含まれる)の危険性
ジアミンは身体に刺激が強すぎる成分はそのうちのひとつで、使っているとジアミンアレルギーというアレルギー反応が起きることがあり、場合によっては命の危険を伴うケースもあるのです。
白髪染めの塩基性染料は安全なの?
髪や地肌へのダメージが少ない成分の代表的なものとして「塩基性染料」があります。塩基性染料とはどのような特徴があるのでしょうか。調べました。
HC染料は白髪染めに含まれる安全な成分なの?
「HC染料」は、白髪染めしたいけれど、染料が髪に与えるダメージが気になる方や、肌の弱くてかぶれやすい方など、できるだけ髪や地肌に優しい白髪染めを探している方にオススメの成分です。 詳しく調べました。
白髪染めに含まれる天然染料の安全性は?
身体に使うものは天然由来の成分であれば安心して使うことができますが、それは白髪染めでも同じことが言えます。天然成分の染料の代表的なものにヘナやクチナシなどがあげられますが、これらの天然染料の特徴について調べました。
過酸化水素水は白髪染めで避けたい成分
過酸化水素水は髪を染めるときに重要な役割を担っているものです。ただ、非常に刺激が強く、毛髪だけでなく頭皮にも悪影響をもたらす可能性があります。調べました。
白髪染めの成分アミン系の危険性について
白髪染めの成分でアミン系の成分も危険性が指摘されています。どのようなものか調べました。
白髪染めの成分パラベンの危険性は低いけれど要注意です
パラベンは最も一般的に使われている成分で防腐剤として添加されています。どんな危険性があるか調べました。
白髪染めに含まれるメチルパラベンの危険性は殆ど無いけれど
白髪染めに含まれるメチルパラベンは、とても安全な防腐剤です。ですが、肌の弱い方には、トラブルを起こす可能性があります。
4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールは安全?
白髪染めの成分に4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールがあります。多くの白髪染めに含まれていますが、安全なのでしょうか?
白髪染めにシリコン配合のシャンプーは使っちゃいけないの?
一時、シリコン入りシャンプーが、ものすごく敬遠された時期がありました。シリコンとはどんな役割をするのか、詳しく調べました。
塩基性染料は白髪染めに配合されている危険性の少ない成分?
髪や地肌へのダメージが少ない成分の代表的なものとして「塩基性染料」があります。塩基性染料とはどのような特徴があるのか調べました。
白髪染めの泡タイプなどに含まれる界面活性剤の危険性とは
市販の白髪染めの泡タイプなどに含まれる界面活性剤は危険性があります。身体にどんな影響を及ぼすのかを調べました。