白髪染めにシリコン配合のシャンプーは使っちゃいけないの?

シリコンは添加物ですが健康被害を出す成分ではない

シリコンは添加物ですが健康被害を出す成分ではない

とされています。

 

 

シリコンは医療機関でも使われているものなので
それ自体に害を及ぼす可能性は非常に少ないといえます。

 

 

それではなぜよくないといわれるのでしょうか。

 

 

シリコンは髪をコーティングする働きをもっているため、
髪に艶やサラサラ感がでます。

 

 

シリコンは、髪を網の目状に覆っていきます。

 

 

そして、髪がからまらないようにするため、シャンプーや
白髪染めをする時に、髪が絡まったり、キシキシしないんですよ。

 

 

ですから、シリコン入りのシャンプーを使っても、白髪染めは
シリコンの網の目の中の髪を染めるんですよ。

 

 

シリコンが、カラーリングをしづらくさせるとして、代わりに
オイル系の成分が配合されたシャンプーがたくさん販売
されました。

 

 

しかし、質のあまりよくないオイルは、かえって髪がベタベタ
したりして、いい仕上がりではありませんでした。

 

 

ですから、髪にとってシリコンは、悪いわけではないんですよ。

 

 

しかし、すすぎをしっかりしなければ頭皮に残って毛穴のつまり
などを起こし痒みの原因になったり、実際の髪の傷みが
コーティングで誤魔化されてしまうということがあるようです。

 

 

白髪染めとの相性はどうなのかというと、シリコンの含有量が
多いシャンプーを使うと染まりが悪くなることがある
ということのようです。

関連ページ

ジアミン系染料(白髪染め市販品に含まれる)の危険性
ジアミンは身体に刺激が強すぎる成分はそのうちのひとつで、使っているとジアミンアレルギーというアレルギー反応が起きることがあり、場合によっては命の危険を伴うケースもあるのです。
白髪染めの塩基性染料は安全なの?
髪や地肌へのダメージが少ない成分の代表的なものとして「塩基性染料」があります。塩基性染料とはどのような特徴があるのでしょうか。調べました。
HC染料は白髪染めに含まれる安全な成分なの?
「HC染料」は、白髪染めしたいけれど、染料が髪に与えるダメージが気になる方や、肌の弱くてかぶれやすい方など、できるだけ髪や地肌に優しい白髪染めを探している方にオススメの成分です。 詳しく調べました。
白髪染めに含まれる天然染料の安全性は?
身体に使うものは天然由来の成分であれば安心して使うことができますが、それは白髪染めでも同じことが言えます。天然成分の染料の代表的なものにヘナやクチナシなどがあげられますが、これらの天然染料の特徴について調べました。
過酸化水素水は白髪染めで避けたい成分
過酸化水素水は髪を染めるときに重要な役割を担っているものです。ただ、非常に刺激が強く、毛髪だけでなく頭皮にも悪影響をもたらす可能性があります。調べました。
白髪染めの成分アミン系の危険性について
白髪染めの成分でアミン系の成分も危険性が指摘されています。どのようなものか調べました。
白髪染めの成分パラベンの危険性は低いけれど要注意です
パラベンは最も一般的に使われている成分で防腐剤として添加されています。どんな危険性があるか調べました。
白髪染めに含まれるメチルパラベンの危険性は殆ど無いけれど
白髪染めに含まれるメチルパラベンは、とても安全な防腐剤です。ですが、肌の弱い方には、トラブルを起こす可能性があります。
4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールは安全?
白髪染めの成分に4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールがあります。多くの白髪染めに含まれていますが、安全なのでしょうか?
塩基性染料は白髪染めに配合されている危険性の少ない成分?
髪や地肌へのダメージが少ない成分の代表的なものとして「塩基性染料」があります。塩基性染料とはどのような特徴があるのか調べました。
白髪染めに配合されている天然染料は安全なのか?
白髪染めに配合されている天然染料には、ヘナやクチナシなどがありますが、安全と言われているのはどんな点なのかを調べました。
白髪染めの泡タイプなどに含まれる界面活性剤の危険性とは
市販の白髪染めの泡タイプなどに含まれる界面活性剤は危険性があります。身体にどんな影響を及ぼすのかを調べました。