白髪染めに含まれるメチルパラベンの危険性は殆ど無いけれど

メチルパラベンは、抗菌や殺菌を目的とした防腐剤ですが

メチルパラベンは、抗菌や殺菌を目的とした防腐剤ですが、

他のパラベンに比べて力は弱いと考えられています。

 

 

その分刺激が少なく、比較的安全に幅広く活用できるパラベン
として取り扱われているんですよ。

 

肌に対して何かしらの効果、例えば美白や保湿、抗炎症
といった作用を発揮する成分ではないんですね。

 

ですから、不要な成分と捕らえる方も非常に多く存在します。

 

 

ただし、防腐剤として非常に有効活用できる成分であることは
間違いないんですよ。

 

 

パラベンには、メチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、
プロピルパラベン、ベンジルパラベンの5種類がありますが、
中でもメチルパラベンの毒性は最も弱いとされています。

 

 

食品保存料やベビー製品にも使用されている成分ですので、
その分安全性も比較的高いかと思われますが、肌への負担が
大きいことが指摘されている成分でもあるんですよ。

 

 

一般的な商品に配合される量は1%未満であるため、
大きな影響はないとも考えられます。

 

 

配合量は1%未満に指定されている素材ですので、肌に与える
影響についても大きく問題視する必要はありませんが、
影響が気になる場合には使用を控えた方が無難と言えるでしょう。

関連ページ

ジアミン系染料(白髪染め市販品に含まれる)の危険性
ジアミンは身体に刺激が強すぎる成分はそのうちのひとつで、使っているとジアミンアレルギーというアレルギー反応が起きることがあり、場合によっては命の危険を伴うケースもあるのです。
白髪染めの塩基性染料は安全なの?
髪や地肌へのダメージが少ない成分の代表的なものとして「塩基性染料」があります。塩基性染料とはどのような特徴があるのでしょうか。調べました。
HC染料は白髪染めに含まれる安全な成分なの?
「HC染料」は、白髪染めしたいけれど、染料が髪に与えるダメージが気になる方や、肌の弱くてかぶれやすい方など、できるだけ髪や地肌に優しい白髪染めを探している方にオススメの成分です。 詳しく調べました。
白髪染めに含まれる天然染料の安全性は?
身体に使うものは天然由来の成分であれば安心して使うことができますが、それは白髪染めでも同じことが言えます。天然成分の染料の代表的なものにヘナやクチナシなどがあげられますが、これらの天然染料の特徴について調べました。
過酸化水素水は白髪染めで避けたい成分
過酸化水素水は髪を染めるときに重要な役割を担っているものです。ただ、非常に刺激が強く、毛髪だけでなく頭皮にも悪影響をもたらす可能性があります。調べました。
白髪染めの成分アミン系の危険性について
白髪染めの成分でアミン系の成分も危険性が指摘されています。どのようなものか調べました。
白髪染めの成分パラベンの危険性は低いけれど要注意です
パラベンは最も一般的に使われている成分で防腐剤として添加されています。どんな危険性があるか調べました。
4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールは安全?
白髪染めの成分に4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールがあります。多くの白髪染めに含まれていますが、安全なのでしょうか?
白髪染めにシリコン配合のシャンプーは使っちゃいけないの?
一時、シリコン入りシャンプーが、ものすごく敬遠された時期がありました。シリコンとはどんな役割をするのか、詳しく調べました。
塩基性染料は白髪染めに配合されている危険性の少ない成分?
髪や地肌へのダメージが少ない成分の代表的なものとして「塩基性染料」があります。塩基性染料とはどのような特徴があるのか調べました。
白髪染めに配合されている天然染料は安全なのか?
白髪染めに配合されている天然染料には、ヘナやクチナシなどがありますが、安全と言われているのはどんな点なのかを調べました。
白髪染めの泡タイプなどに含まれる界面活性剤の危険性とは
市販の白髪染めの泡タイプなどに含まれる界面活性剤は危険性があります。身体にどんな影響を及ぼすのかを調べました。