過酸化水素水は白髪染めで避けたい成分

過酸化水素水を使うと白髪はよく染るんですが

男性用の白髪染めによく使用されている成分に過酸化水素水があります。

これがなくては髪を染める効果が得られないといっていいほど重要な
役割を担っているものなんですね。

 

 

通常、白髪染めをはじめとしたヘアカラーは1剤と2剤の2種類があり、
それを混ぜ合わせたうえで使用するタイプがあります。

 

 

これは染料に過酸化水素水が加わることで酸化が発生し、
発色する効果をもたらすためのものなんですね。

 

 

つまり染料だけでは髪を染める効果は十分に得られず、
過酸化水素水の力が必要なんですよ。

 

 

ただ、この過酸化水素水は非常に刺激が強く、毛髪だけでなく
頭皮にも悪影響をもたらす可能性があるんですね。

 

 

よく白髪染めを使用すると髪がパサパサ、ゴワゴワになってしまう
といわれますが、それも過酸化水素水によるダメージが大きいんですよ。

 

 

この成分にはたんぱく質を破壊してしまう作用があるため、
たんぱく質を主原料としている毛髪にはあまりよくないんですね。

 

 

さらに頭皮に付着することで痛みや炎症が生じることがあるんですよ。

 

 

もともと過酸化水素水は劇薬に指定されているものなんですね。
濃度が6%を超えた場合には劇物として指定されるほどなんです。

 

 

もちろん、白髪染めに使用する場合には人体に影響がない程度の
濃度に薄められていますが、やはり頭皮によい影響を
及ぼすものではないことは間違いありませんね。

 

 

白髪染めやヘアカラーの注意書きに、液剤を皮膚に付着させないよう
書かれているのはそのためなんですね。

 

 

すでに毛髪が傷みがちな人はとくに要注意が必要です。
さらに傷むと抜け毛が発生する恐れがあるんですよ。

 

 

過酸化水素水が使用されていないヘアマニキュアなどを
選んで白髪染めを行ったほうがいいですよ。

 

 

 

関連ページ

ジアミン系染料(白髪染め市販品に含まれる)の危険性
ジアミンは身体に刺激が強すぎる成分はそのうちのひとつで、使っているとジアミンアレルギーというアレルギー反応が起きることがあり、場合によっては命の危険を伴うケースもあるのです。
白髪染めの塩基性染料は安全なの?
髪や地肌へのダメージが少ない成分の代表的なものとして「塩基性染料」があります。塩基性染料とはどのような特徴があるのでしょうか。調べました。
HC染料は白髪染めに含まれる安全な成分なの?
「HC染料」は、白髪染めしたいけれど、染料が髪に与えるダメージが気になる方や、肌の弱くてかぶれやすい方など、できるだけ髪や地肌に優しい白髪染めを探している方にオススメの成分です。 詳しく調べました。
白髪染めに含まれる天然染料の安全性は?
身体に使うものは天然由来の成分であれば安心して使うことができますが、それは白髪染めでも同じことが言えます。天然成分の染料の代表的なものにヘナやクチナシなどがあげられますが、これらの天然染料の特徴について調べました。
白髪染めの成分アミン系の危険性について
白髪染めの成分でアミン系の成分も危険性が指摘されています。どのようなものか調べました。
白髪染めの成分パラベンの危険性は低いけれど要注意です
パラベンは最も一般的に使われている成分で防腐剤として添加されています。どんな危険性があるか調べました。
白髪染めに含まれるメチルパラベンの危険性は殆ど無いけれど
白髪染めに含まれるメチルパラベンは、とても安全な防腐剤です。ですが、肌の弱い方には、トラブルを起こす可能性があります。
4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールは安全?
白髪染めの成分に4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールがあります。多くの白髪染めに含まれていますが、安全なのでしょうか?
白髪染めにシリコン配合のシャンプーは使っちゃいけないの?
一時、シリコン入りシャンプーが、ものすごく敬遠された時期がありました。シリコンとはどんな役割をするのか、詳しく調べました。
塩基性染料は白髪染めに配合されている危険性の少ない成分?
髪や地肌へのダメージが少ない成分の代表的なものとして「塩基性染料」があります。塩基性染料とはどのような特徴があるのか調べました。
白髪染めに配合されている天然染料は安全なのか?
白髪染めに配合されている天然染料には、ヘナやクチナシなどがありますが、安全と言われているのはどんな点なのかを調べました。
白髪染めの泡タイプなどに含まれる界面活性剤の危険性とは
市販の白髪染めの泡タイプなどに含まれる界面活性剤は危険性があります。身体にどんな影響を及ぼすのかを調べました。