白髪染め市販品の危険な成分と安全な成分について

白髪染め市販品の危険な成分一覧

白髪染め市販品の危険な成分と安全な成分について記事一覧

ジアミン系染料(白髪染め市販品に含まれる)の危険性

ジアミンアレルギーはパラフェニレンジアミンというジアミン系薬剤の一種が引き起こすアレルギーで、頭皮の痛み、ピリピリするなどの刺激、かぶれ、湿疹、かゆみ、顔の腫れなど、さまざまな症状を引き起こすんですよ。パラフェニレンジアミンはブラックやブラウンなどの濃い色の発色に向いています。そのため、強い染毛力が...

≫続きを読む

白髪染めの塩基性染料は安全なの?

塩基性染料とは2001年4月に実施された化粧品規制緩和によって使用できるようになった染料なんですよ。これらは、「半永久染毛剤」という化粧品に分類されています。白髪染めなどの成分表に「塩基性青99、塩基性茶16」など「塩基性○○」と表記されているものは、塩基性染料が使用されている商品です。染料には大き...

≫続きを読む

HC染料は白髪染めに含まれる安全な成分なの?

HC染料とは2001年4月に実施された化粧品規制緩和により白髪染めなどに使用できるようになった染料の1つです。「半永久染毛剤」という化粧品に分類される染料です。HCとはHair Colorの略称で、白髪染めなどの成分表には「HC黄2、HC青2」など「HC○○」と表記されているものはHC染料が使用され...

≫続きを読む

白髪染めに含まれる天然染料の安全性は?

インディゴやウコンなど、天然染料に使われる原料はさまざまです。その中でもヘナやクチナシは有名ですね。ヘナはインドの伝承医学であるアーユルヴェーダでは薬草として使用されているミソハギ科の植物なんですよ。ヘナに含まれている「ローソニア」という色素が髪のタンパク質に付着することにより髪がオレンジ色に染まる...

≫続きを読む

過酸化水素水は白髪染めで避けたい成分

男性用の白髪染めによく使用されている成分に過酸化水素水があります。これがなくては髪を染める効果が得られないといっていいほど重要な役割を担っているものなんですね。通常、白髪染めをはじめとしたヘアカラーは1剤と2剤の2種類があり、それを混ぜ合わせたうえで使用するタイプがあります。これは染料に過酸化水素水...

≫続きを読む

白髪染めの成分アミン系の危険性について

アミノフェール、パラアミノフェノール、レゾルシンはアミン系の物質で、皮膚を通じて血液中に入ると呼吸困難を起こしてチアノーゼを引き起こす場合があるんですよ。皮膚炎や喘息、発熱を起こす場合もあり、発がん性があることも指摘されています。そこまで深刻な症状でjはなくとも「パラフェニレンジアミン」、「パラトル...

≫続きを読む

白髪染めの成分パラベンの危険性は低いけれど要注意です

パラベンは最も一般的に使われている成分で防腐剤として添加されているんですよ。正式にはパラオキシ安息香酸エステル類という名称で、薬事法でも表示が定められていた指定成分のひとつでした。安価なことや大量生産が可能なことからほとんどの化粧品やヘアケア剤などに使用されているんですよ。しかし実際には皮膚を通して...

≫続きを読む

白髪染めに含まれるメチルパラベンの危険性は殆ど無いけれど

メチルパラベンは、抗菌や殺菌を目的とした防腐剤ですが、他のパラベンに比べて力は弱いと考えられています。その分刺激が少なく、比較的安全に幅広く活用できるパラベンとして取り扱われているんですよ。肌に対して何かしらの効果、例えば美白や保湿、抗炎症といった作用を発揮する成分ではないんですね。ですから、不要な...

≫続きを読む

4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールは安全?

白髪染めの成分表を見ても、どんな影響がある成分なのかわからないことが多いですよね。4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールという成分は多くの白髪染めトリートメントに含まれている成分なんですね。名前からしていかにも怪しそうな化学物質という印象を受けますが、実際のところはアレルギー反応を引き起...

≫続きを読む

白髪染めにシリコン配合のシャンプーは使っちゃいけないの?

シリコンは添加物ですが健康被害を出す成分ではないとされています。シリコンは医療機関でも使われているものなのでそれ自体に害を及ぼす可能性は非常に少ないといえます。それではなぜよくないといわれるのでしょうか。シリコンは髪をコーティングする働きをもっているため、髪に艶やサラサラ感がでます。シリコンは、髪を...

≫続きを読む

塩基性染料は白髪染めに配合されている危険性の少ない成分?

塩基性染料とは2001年4月に実施された化粧品規制緩和によって使用できるようになった染料なんですよ。これは、「半永久染毛剤」という化粧品に分類されています。白髪染めなどの成分表に「塩基性青99、塩基性茶16」など「塩基性○○」と表記されているものは、塩基性染料が使用されている商品なんですね。染料には...

≫続きを読む

白髪染めに配合されている天然染料は安全なのか?

インディゴやウコンなど、天然染料に使われる原料h様々ですがその中で、ヘナやクチナシは有名ですね。ヘナはインドの伝承医学のアーユルベーダにおいて、薬草として使用されているミソハギ科の植物なんですよ。ヘナに含まれているローソニアという色素が、髪のたんぱく質に付着すると、オレンジ色に染まります。かの、クレ...

≫続きを読む

白髪染めの泡タイプなどに含まれる界面活性剤の危険性とは

界面活性剤とは、水と油の境界面をなくして混ざりやすくするものなんですね。洗剤やシャンプーや歯磨きの粉の中にも入っているのが、合成界面活性剤なんですね。さて、白髪染めの成分の中にラウリル硫酸塩などと書いてあるのが合成界面活性剤の中の硫酸系界面活性剤なんですね。市販の泡タイプの白髪染めに配合されているも...

≫続きを読む